日記

コロナで保険は大変なことに 電話は全然繋がらず・・・

おはようございます。住職です。

実は私、埼玉県の県民共済という保険に、ずいぶん前から加入しています。

たまたま先月、感染したくなかったコロナに感染し、10日間の自宅隔離をしていたのですが、

隔離解除後、ある方から、保険申請した方がいいですよ!と教えていただきました。

え? 自宅隔離だったけど、保険なんて適応されるの?と思って、調べてみたら、適応されることを

知りました。しかも、巷ではコロナで保険の問い合わせが殺到しているらしく、県民共済では専用番号

まで設けられているではありませんか。

そこで、8月上旬に、申請するなら、どんな資料が必要なのか?について問い合わせてみようと電話をした

のです。

と言うのも、申請書類をネットで調べてみると、コロナに感染した事実や、感染日などを証明する為に

医師の診断書が必要と書かれてあったり、隔離解除日を確認する為、県からのコロナ療養証明書なども

必要との事も書かれたあったからなのです。

私はコロナ感染中に、保健所から?か、携帯にショートメールが届き、

厚生省がコロナ患者の状態を把握する為につくったアプリ?「MyHER-SYS(マイハーシス)」に登録し、

毎日、更新するよう案内が来たので、指示通りにやっていました。

この「MyHER-SYS」は優れもので、その日の体温や酸素飽和度、あるいは保健所が管理するのに必要な、

体調チェック項目のチェック欄があるので、それに毎日自分の状態を打ち込むことで、もし専門の人が見て

気になることがあれば、携帯に電話くださるシステムなのです。

また、この「MyHER-SYS」には、私の陽性日も明示されているし、「療養証明書」なるページまで

あるのです。それなので、この証明書は使えないのかな?と思ったわけです。

だって、今からお医者様に、感染証明書に署名してください!と依頼したり、県庁にコロナ療養証明書

をください!って問い合わせるのも手間だと思うし、そもそもお医者さんにそんな業務まで増やすのは、

今は適切ではないような気もしたからです。また、県の担当課に電話をしてみたら、全然繋がらない状況で

もあったので。

ですから、すべて「MyHER-SYS」で何とかならないのか?と県民共済に問い合わせをしたかったわけです

そして、8月10日頃からか、専用電話や代表電話に何度も電話をするも、「現在感染者の増大に伴い、繋が

りにくくなっております。感染状況が落ち着いた頃、おかけなおしください」みたいな自動音声案内が

流れてきて、一向に繋がらないのです。私、一日に数回かけなおし、それを数日間続けました。

それなのに、全然繋がらないのです。それほど、保険も大変な状況なのですね。恐ろしいほどです。

やっと、昨日、本当にたまたまなんでしょうが、電話が繋がり埼玉県の県民共済では「MyHER-SIS」で

構いません!との確認が取れ、申請資料を送付してもらう事となりました。

それにしても、コロナで、これほど保険業務も大変な状況なのだと知って、驚かされました。

医療だけではなく、保険業務も大変なのですね。やっぱりコロナ感染は何とか、下げる方向に動かないとで

すね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です