医療を守ろう!!

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

医療学会では、コロナの第7波の医療逼迫を受け、風邪のような症状である場合、急いで医療機関に

かからず、自宅で静養してくださいとのお願いのような指針を提示されてと報道されていました。

また、全陽性者数の把握もやめるなど、これまでの方針とは異なる方向へ舵がきられているようです。

つまり、これまでとは感染の規模が異なり、いよいよ医療崩壊が現実化しつつあるとの意味だそうです。

体調に違和感を覚えた人が、これまで通り普通に医療にアクセスしようとすることが、無理な状態になって

いるのです。ここで制限やお願いをしないと、例えば、コロナ以外の治療が必要な患者さんにまで医療が届

けられない!との意味なのだそうです。

これは困りました。私は医療については門外漢の為、報道を聞いて知る程度なのですが、救急車も呼んでも

来てくれない。仮に救急車に乗っても、受け入れてくれる医療機関がみつからない。などなど。

コロナ以外にも、緊急性を要する病気やケガなど沢山あるはずです。でも、コロナによって医療逼迫を起し

必要な医療が受けれない人がでてきてしまう。これは良くないです。

もちろん、コロナだって、私も感染したので言えますが、39℃以上の発熱が3日~4日続くわけです。

私は、この程度は軽症と知ってましたから、不安はなかったですが、もし予備知識がなかったとしたら

39℃の熱が連日続けば、不安になるし、重症なんじゃないか!?と思ってしまうし、医療を受けたい気持

ちになります。私の場合、40℃近い発熱は人生で何度もだしているので、高熱では驚きませんが、普段

そこまで熱がでない人にとっては、一大事だと思います。コロナは決して症状は軽くないですが、

医療的にみると、それでも軽症なんだそうです。

私も感染しておきながら、こんな事を綴るべきではありませんが、なるべく感染しないように心がけましょ

う。西照寺でもお盆法要を勤めますが、感染対策をしっかりやっていこうと思います。

医療を守らないといけません!皆様、一緒に頑張りましょう。

エアロゾル感染 西照寺のお盆法要の感染対策は

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

今日も暑い日となってます。熊谷は39℃予想ですから、相当暑いですね。

さて、私は飲み薬の効果もあって、段々と良くなってきています。倦怠感も、昨日よりはなくなっています

でも、私の場合の倦怠感は、日に日に感じ方が違うので、油断はできません。

さて、TVで報道されていたのですが、どうやら今のウイルスはエアロゾル感染で拡がっているのだろうとの

専門家の指摘でした。エアロゾル感染とは、感染者が吐き出したウイルスが空気中に漂って、

それを別の人が吸い込むことで、感染が拡がっていくものです。

大きなウイルスは、すぐに下に落下するそうですが、軽いウイルスは空気中にしばらく漂っているとの事。

確かに、エアロゾル感染であれば、今の感染爆発も頷けますし、何より私が感染したのも理解しやすいです

つまり、仮にエアロゾル感染が始まっているのであると、これまでのように接触感染の対策を必死にやって

も、あまり効果的ではないとのこと。接触感染は、感染者と1~2メートル距離をあけ、なおかつ手消毒

をして、感染者との接触機会を減らすことで、感染防止を期待していましたが、エアロゾル感染だと

そもそも感染者が吐き出したウイルスが、空気中にしばらく漂うわけですから、感染者が近くにいなくても

感染してしまうのです。

エアロゾルの主な感染対策は2つだそうです。一つ目が換気。二つ目が不織布マスク。

エアロゾル感染は、空気中にウイルスがしばらく漂っているとのことですから、空気を流すようにし

換気を徹底する。こうすることで、ウイルスの滞留を防ぎ感染予防とするのです。

二つ目は、今は夏ですからマスクも布マスクやウレタンマスクなど、呼吸しやすいマスクに置き換わって

いますが、エアロゾルの場合、ウイルスは布マスクやウレタンマスクだと、ウイルスを通してしまう

のだそうで、それをウイルスをなるべく通さないマスクは、不織布マスクなのだそうです。

この報道を知ったので、西照寺のお盆法要は行うものの、以前購入していたサーキュレーターを数台設置し

窓を開け放ち、ご参列される皆様には不織布マスクをお願いし、静かにご参列をお願いすることで

感染対策にしようと思っています。暑いですから、本来であれば冷房をつけ、部屋を閉めた状態で

涼しい環境で法要を行いたいのですが、今回ばかりは、私も大変な思いをしたので、感染させない対策を

第一に考え、お盆法要に備えたいと思っています。

倦怠感

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

今日から8月ですね。暑い一日となりました。

私はコロナ感染後、咳喘息のような症状を併発したようで、現在治療中なのですが、

昨日から、若干の倦怠感を抱くようになってきました。身体が重い。

後遺症と言われているので、こんなの酷くなるのは辛いので、安静を心掛けています。

しかし、何とか動かねばならないから、キツイですが動いています。

こんなので酷くならないで欲しいと思っています。まったく厄介なウイルスに感染してしまいました。

本当に、感染しないに越したことありません。

コロナは感染した人によって、症状もまちまちなので、一概に言えませんが、私はちょっと辛いかな。

高熱の期間は、ほぼインフルエンザと同じような辛さ。若干、身体の節々が痛いのもありました。

その後、お腹を下します。解熱してから、ちょっぴり頭痛。それから咳と鼻水が出るようになり、

隔離解除してから咳が酷くなったように感じました。

クリニックに行くと、肺炎ではなく、持病の咳喘息みたいな感じ。と言われ投薬。

隔離解除後、一週間ほどしてから、倦怠感が出るように。

こんな経過をたどっています。声も若干かすれているような声で、鼻声です。

コロナを発病してから半月経過しましたが、まだ本来の状態には戻れていません。

もっとも重症化などはしていないし、程度も軽いのですが、ちょっと嫌な感じではあります。

皆様も本当にお気を付けください。

ようやく快復への道が

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今朝、かかり付けのクリニックで診察を受けてきました。

コロナ隔離解除後に、咳が悪化し、深呼吸すると、咳喘息のような症状があった為、肺炎も警戒し、

診てもらったのが木曜日でした。レントゲンも撮ってもらい、肺に問題はなし!

咳喘息のような状態ということで、薬を処方され、日曜日に来なさい!と言われていました。

今朝、再び診てもらったところ、補聴器での音もキレイだし、改善してきてますね。と言われ、

再びお薬を出してもらいました。このまま最後まで薬を飲み切って、症状も酷くならないようであれば、

そこで治療も終わりです。と言ってもらえました。もちろん、症状が改善しない場合や、悪化してきた場合

はすぐに来てください。とも言われました。

今回は慎重にという事で、8月中旬まで薬を頂戴してきました。段々とお薬を弱くしていくそうです。

つまり、薬を飲む回数を減らしていくとの事で、教えてもらいました。

第一段階が、8月4日まで。そこまでは現状と同じように薬を1日3回飲む。

その後、問題なければ、吸入タイプの喘息の薬だけ8月10日頃まで、1日2回吸入する。

その後、順調であれば、1日1回に切り替えて、吸入タイプの薬が終わるまで続ける。との事でした。

私は薬をしっかりと忘れずに飲めるタイプなので、続けていこうと思います。

取りあえず、改善してきているので、良かったです。

でも、まだ声は鼻声だし、炎症は残っているのです。

自民党 福田総務会長 何が問題かよくわからない 発言

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

最近、色々なニュースが入ってきますね。

私も少し驚いたのは、自民党の若手ホープと言われている福田総務会長が、旧統一教会と自民党の関係

について、「何が問題かようわからない」と発言されたそうです。後に釈明されたそうですが。

私は宗教者側の人間ですので、そっちの方向から、私にはこんな問題があるだろう!と綴ってみたいと思い

ます。特に根幹は、後半に綴ります。

現在の日本は、憲法によって政教分離が定められています。これは、国民の信教の自由を保障する為に憲法

で定められているわけです。

特に、権力側(つまり政治側)が、特定の宗教と結びつき、特例などを与えてしまうと、国民は強制的であ

ろうがなかろうが、国の権力に影響され、特定の宗教を特別視してしまう雰囲気が生まれかねません。

これは信教の自由を制限してしまう可能性を孕むため、権力側にそれをさせないように、憲法の中で

定められている訳です。

ポイントは、宗教側が政治を利用しよう!とする動きが、政教分離に違反するわけではないのです。

政教分離は、権力側に制限を設けているわけで、権力を持ちえない宗教団体側を規制しているわけではない

のです。だから、旧統一教会側が、選挙協力を無償でやる!という行為は、政教分離に違反しないはず。

となると、福田さんの言いたいことは、選挙に協力するのは、何も宗教団体のみならず、色々な団体がある

わけで、例えば全国医師会とか大きな団体だって協力してくれているわけで、その協力の見返りとして

特例を与えるなど、党がやったのであれば問題だけど、全くそんな事はない! だから、政教分離にも

違反していないし、正直何が問題なのかよくわからない!と言ってしまったのだと推測します。

おそらく、福田さん側がからすれば、旧統一教会が選挙協力していることが問題となるのであれば、

別の団体だって問題になるわけで、なぜ今そこだけがフォーカスするのか、全く理解ができない!との

見解なのかもしません。

しかし、色々な報道を見てみると、旧統一教会からの名称変更だったり、特例と勘繰られそうな扱いがある

ことは報道されているので、もっと内部を調査してから発言したらいいのにな、と思いました。

さて、本題は以下です。

私の思いとしては、国家権力側が特定の宗教と関係するような、特別視するような行為を行ってはいけない

とするのが、政教分離の意味だと理解してみると、当時の内閣総理大臣であった安倍元首相が、ビデオメッ

セージを送ったのは問題になり得ると思っています。

よく映像を確認していないながらも、確か、あのビデオメッセージは内閣総理大臣として安倍元首相が

映っていたように理解しています。安倍元首相は機関ではなりませんが、日本政府という機関を代表する

立場の内閣総理大臣であったわけです。

その代表者が、特定の宗教にビデオメッセージを出せば、大きな影響力がでてくるわけです。

信者や、そうではない人にとっても、内閣総理大臣が、この宗教団体にビデオメッセージを出すんだ!

この団体は信用できる団体なんだ!となってしまうでしょう。

そこをもって、安倍元首相を銃撃した山上氏は、安倍氏を撃とうと思ったようですし。

また、安倍元首相だけでなく、国家権力側で大臣を務める人など、複数の人が、旧統一教会の機関誌の

表紙等写真入りで登場しているようです。これは、旧統一教会側からすれば、とても良い広告塔となりま

す。国家権力側の影響力ある人が、特別に我が宗教団体にメッセージを送ってくれ、会にも参加してくれて

いる!との実態があれば、これは大問題です。ましてや、多数の信者や家族が大きな被害で苦しんでいると

いう実態まであるのです。これはさすがにひどいことだと思います。

私も宗教法人西照寺で活動をしていますが、例えば、公的な機関の施設を宗教法人で借りようとすると

貸してくれません。我が東松山市は、とても丁寧ですから、感じよく、政教分離の観点より、特定の宗教団

体にだけ貸し出すことはできないのです。と教えてくれます。つまり、宗教団体には公的施設は貸せません

と言っているのです。市の広報誌にも、宗教団体の行事などは出してくれません。これも同じ理由です。

ただし、例えば宗教団体と言っても、古いお寺など宗教活動以外の点で、例えば文化財としての観点など

で公的機関が広報誌で宣伝するようなことはあり得ます。これは政教分離とは関係のない文化や観光の観点

での宣伝だからです。しかし、宗教活動となると、政教分離の観点でかなり慎重な姿勢が求められるのが

権力を持つ側の姿勢なのです。

本来、権力側の議員は、その程度の慎重な姿勢を有していて当然ですし、勉強していて当然の事です。

特に憲法で定められている政教分離なのですから、根本的知識ですし、政治家としての倫理観の問題でも

あるような気がします。私も偉そうに言えませんが、福田総務会長も、今回の発言は不用意だったのかも

しれないと思ってしまいました。でも、正直な方なのだろうな。との思いも逆に持ってしまいました。

人間は完ぺきではないのですから、間違ったら誤ればいいし、誤ったら許していく雰囲気も大事だと思いま

す。もちろん、許されない誤りはダメでしょうが、今回の福田議員の発言は、そこまでではないでしょう。

コロナ その後

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

朝から発熱し、コロナの陽性結果がでたのが、2022年の7月16日。

その後、10日間の自宅隔離期間を経て、7月26日に隔離解除。

その後、日を経る毎に、咳が酷くなっているような気がし、今朝は大きく息を吸い込むと

むせるような感じで、咳き込むこともあり、まるで幼少期にプールに入った後のような感覚を

抱き、かかり付けのクリニックに電話し、診てもらえるか問い合わせしました。

すると、診察くださるとの事で、朝から行ってきました。

最初は外で先生が診察室に入って大丈夫かどうか?の軽いチェックを受け、OKをもらい診察室へ。

症状を伝え、背中に補聴器をあてていただき、念のため、肺のレントゲンを撮っていただきました。

結果は、肺はキレイでした。良かった。本当に良かった。

先生のお話では、おそらくコロナによって、咳喘息に近いような、気管支に炎症を誘発したのでしょう。

との事で、3日後に再び診療してもらえることとなり、吸入薬など、一通り薬を頂きました。

どうやら、コロナのウイルスがまだ残っているわけではなさそうでした。

感染者が急増し、医療へのアクセスも滞りそうな感じだったので、申し訳ないとは思いつつ、もし肺炎に

なりかけているのであれば、早めの対処が良いだろう!と思って、受診してしまいました。

結果、その心配はないようで安心しました。

それにしても、私はてっきりウイルスが残っているものだと、自分の体調から理解していましたが、

どうもそうではないことが判明。まったく自分の感覚であっても当てにならないものだな!と思いました。

喘息系の症状が治まることを期待し、無理せず、しっかりもう少し療養したいと思います。

ご心配をおかけしますと同時に、他人様に感染させることはなさそうです。

安倍元首相と東京オリンピック組織委員会元理事 汚職疑惑

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

安倍元首相が凶弾に倒れ、私も大変な衝撃を受けました。

以後、犯人の犯行動機の供述から派生し、政治家と旧統一教会との関連が明るみになってきました。

さらに、近日では東京オリンピック組織委員会の元理事や電通など、今更ながら汚職疑惑が報じられてきま

した。

私は素人ながらよくわかりませんが、これらの件に関しても、もしかしたら安倍元首相の影響力があったの

ではないか?とも勘ぐってしまいます。

つまり、安倍元首相の目が光る形で、汚職も明るみにできないような現実があったのかもしれない!と

個人的に勘ぐってしまうわけです。

旧統一教会と安倍元首相との関係も、段々と明るみにでるようになり、相当関係が深かったようですし、

安倍元首相を通じて、他の自民党議員もだいぶ関係が深いことが明るみにでてきました。

私も素人ながら、宗教関係団体に、安倍元首相が首相当時にビデオメッセージを送っていた事実だけ考えて

も、相当変だな!と思っていましたが、まさかこれほどまでとは思っていませんでした。

いくら旧統一教会系の内部団体に向けたものであったとしても、あそこまであからさまに首相のビデオメッ

セージや、議員の顔写真の広報誌などが報じられていたのに、何故、一般のマスメディアはそれを問題視し

なかったのだろう? あるいは、なぜ気づかなかったのだろう? と思ってしまいました。

これらを踏まえて、普通に考えてみれば、私たち一般人が知らない部分で、色々と権力は動いているんだ。

と改めて知ることとなりました。

特に安倍元首相が凶弾に倒れてから、旧統一教会との関係問題のみであればいざ知らず、タイミング的に

東京オリンピック組織委員の元理事の汚職疑惑も持ち上がってくると、私個人的には、勘ぐりたくもなるも

のです。

そういえば、安倍元首相が首相だった当時、確か、桜を見る会か何かの問題で、当時の安倍首相が追い込ま

れていた時期に、検察庁のトップ(検事総長)に安倍政権に都合の良い人選を行う為か、

当時の検察庁NO2(検事長の黒川氏)の定年延長を閣議決定して問題になった事がありました。

そもそも、特捜部を抱える検察庁は特別な機関で、総理大臣を含め、政治家などにも捜査のメスを入れる

ことができる組織です。だからこそ、検察庁の人事権も、政治家と距離がおかれるようになってます。

つまり、時の政権や政治家の影響力が極力及ばない位置におかれる機関であるべき、との暗黙のルールがあ

るのです。それなのに、当時の安倍政権は、そこにちょこっと介入しようと触手を伸ばしたのです。

黒川氏は、安倍政権に対して、物分かりが良い人と、当時から噂されていました。

たぶん、政権に対して忖度できる方!との意味だったのでしょう。

だから、当時の安倍政権は、当時検察庁NO2の黒川氏の定年延長を閣議決定し、その時の検事総長が定年し

た後、黒川氏に検事総長がまわってくる!と描いていたようです。

しかし、残念ながら当の黒川氏は賭けマージャンか何かが明るみに出て辞職したような記憶がありますが。

それらを思い出すと、尚の事、安倍元首相の影響力によって色々と明るみにでない事があったようにも

思います。それが、幸か不幸か安倍元首相が凶弾に倒れたことによって動き出したように思えるのです。

もし、そうだとすれば、今後も「なぜ今更?」と思うような問題がでてくる可能性もあるかもしれません

ね。仮にそうだったならば、安倍元首相の影響力というのは、相当なものがあったんだな。とも思えます。

安倍元首相を銃撃した事件は、決して許されるものではなりません。それは強く非難します。

しかし、事実として安倍元首相はお亡くなりになり、時間は止まらず社会は動いているのです。

隔離解除の条件

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今日で、コロナ感染後10日間経過し、16日の陽性結果の説明を受けた際、自宅隔離解除の日と

された日なのです。

コロナ感染し、陽性が発覚した日(私は発熱した16日)を0日として、10日間を数えます。

私の場合は、17日が1日目。そして26日が10日目となります。

因みに、10日目を迎える3日以前から、服薬せず解熱している事(37.4℃以下)が条件であること

説明を受けました。私の場合、19日までは解熱せず、37℃以下になったのは20日からでした。

21日以降、37℃になることもなく、今日まで迎えています。

しかし、私の場合、ウイルスによって耳鼻がやられているようで、よく風邪の時になる耳から喉にかけての

違和感があり、鼻水やタンが絡みます。咳も少しでるし、全回復ではありません。声も鼻声だし。

健康管理センターの看護師さん曰く、隔離解除後も、しばらく咳が続く人もいるし、症状は人それぞれと

言ってました。私の場合は、少し残っているし、そもそも39℃を超える発熱が4日も続いたので、

ワクチン打ったけど、それなりに酷かったようにも思います。もちろん、重症化してませんが。

というわけで、今日から隔離解除となるわけですが、これまでほぼ横になって過ごしてきたので、

身体が弱っています。使わないと衰えるというけれど、これほど実感したことはありません。

普通に過ごせるようになるまで、ちょっとしばらくかかりそうな気配です。

徐々に慣らし運転していかなければなりません。

無理すると、ウイルスが再活性化するかもしれないし、そんなの嫌なので、ゆっくりいきます。

宗教が人間世界の論理で動くと

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

明日で自宅隔離も終了の予定です。

今朝は、会議(リモート)の為、数日ぶりにシャワーを浴びて髭を剃ってスッキリしてから書斎に入ってい

ます。

さてさて、私がコロナに感染し、自宅隔離でブログが更新できない間、世間では少しづつ、旧統一教会と

自民党のある派との関係性が表に報道されてきました。真偽のほどは、わかりませんが、はやり関係が深い

のかもしれませんね。安倍元首相のビデオメッセージが普通ではないことを、コロナ感染する前に綴りまし

たが、北朝鮮とのパイプ的な力なのかなぁ。と思っていましたが、そんな短絡的なものではないのかもしれ

ませんね。やはり一部の宗教団体(特に新興宗教)は、お金と政治と関係しあいながら、その団体の力を強

めていくしか近道はないのでしょうか。その点、伝統教団は、ある程度歴史があるので、逆な意味で保守的

となってしまいます。保守的が悪い方向に進めば、現代の人の為の宗教ではなくなり、伝統を守ることに

目的がいってしまう。こうなってしまうと、現代の人達からすれば、何のために存在してるの?

とか、私には関係ない!と、距離ができてしまうわけです。

一方の新興宗教団体は、そこをついてきます。現代の悩みを抱える人に、ダイレクトにアプローチします。

ここが魅力なのですが、新興勢力は力を拡大したいとの意欲があるので、ここに過度な金銭が求められて

くることとなります。伝統教団は、長い歴史の積み重ねで、ある程度の財産(本山の建物だったり、敷地

だったり、その他の文化財だったり、信頼だったり)を築いてきた変わり、新興宗教にはそれがありません

。だから、急いで追いつけ追い越せ!的な勢力となって、過度なお金集めになっていくのだと思われます。

勢力拡大には、なにもお金だけではなく、政治力だって魅力的。

そうなると、選挙だ何だって、力を貸して、持ちつ持たれつの関係となっていくのかもしれません。

こうなると、もはや現代の人の為の宗教ではなく、自らの勢力拡大の為の宗教になってしまう。

う~ん。難しいですね。やはり宗教の本質は人々の悩みからの救済なのでしょうが、

宗教が、私たち人間の世界の論理で展開しようとすると、どうしても人間臭い方向に行ってしまう

のですね。

新型コロナ 感染

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

本当に申し訳ありません。一週間も更新ができずに、隔離されておりました。

お分かりだと思います。そうなのです。新型コロナに感染してしまったのです。

築地本願寺に出勤していたのが、7月12日。翌日も都内で用事があり、電車で行ってきました。

これまで通りの対策を行い、普通に過ごしていたのですが、16日の朝、発熱。

かかりつけのクリニックで検査。陽性。

という訳で、以後、私は自宅隔離。私の自宅の私の部屋(3畳半の広さ)で、一人隔離生活です。

39度以上の発熱が4日続いて、その後解熱。厚生省の管轄である健康管理センターという場所から

電話が入り、注意点や経過観察をされます。

陽性診断を受けたクリニックでは、「これから保健所から電話が入りますから!その後の指示を仰いでくだ

さい」と言われたのに、その後、保健所からは電話は一度もありませんでした。

患者さんが増えているわけですし、私の感染判明が16日の土曜日ということで、連休があったので、大変

なのも理解はできますが、一度くらい、電話欲しかったな。と思う気持はあります。

因みに、携帯の連絡先は、クリニックから伝わっているそうです。

結果、自宅隔離しか方法がなく、そのまま施設利用はできず仕舞いでした。

発症してからお寺には入っていませんし、自宅のみですので、西照寺は大丈夫でしょう。

残念ながら、私の横で寝ていた妻には移してしまいました。ごめん。

その後、私と妻は、別々の部屋で完全隔離。食事が大変でした。

あまり準備していたわけではなかったので、有る物を取りあえず妻に扉の前に持ってきてもらい、

私の部屋には簡単な小さな冷蔵庫があるので、そこに仕舞い込んで、何とか過ごしました。

妻も発症したため、食べ物を分け合ってきました。しかし、妻は気持ち悪いようで、ほぼ食べられず。

可哀想に。

その他、様子見していましたが、子どもの感染はないようです。無症状かもしれません。

その他の家族は、そもそも自宅も別だし、一緒に過ごしていない為、心配いらず。

私と妻だけが感染してしまったようです。

そんな訳で、解熱したのが19日。健康観察センターの看護師の方は、隔離解除の条件の一つとして

薬を服用せず、熱が37.4℃以下が3日続くこと。を指摘されていたので、そこをまずは大事にしました

。19日に解熱し、時に37.2℃ほどは上がる場合がありますが、昨日で丸3日、薬を服用せず解熱してい

る為、部屋から脱出し、お寺のシャワー室を使い、久々のシャワーを浴びました。

もちろん、隔離期間なので、誰にも会いませんし、ポリエチレンの手袋を装着し、触らないようにしていま

す。シャワー後、ようやく、久々に私の書斎にも侵入し、ブログを更新しています。

私の一応の隔離期間は26日まで。あと3日です。それまでは、ほぼ自宅の部屋に籠ります。

たまたま、どうしようもなく頭が痒い為、今日はシャワーを浴びたのです。

26日までは書斎にも来れないでしょうから、またしばし更新が途絶えます。

皆さん、猛烈に増えているし、気を付けてください。

症状は、インフルエンザみたいな感じでした。私の場合ですが。