仏事のお作法・宗派別

仏事のお作法 =浄土真宗の方へ=

浄土真宗の方の作法をまとめて簡単にご紹介します。もっと詳しくごらんになりたい場合は、それぞれの項目をごらん下さい。 ※注 この内容はあくまで浄土真宗としての正式なふるまいの解説であり、当寺院・施設をご利用いただく皆様にすべて下記のお作法にならって頂く事ではありません。
 ▼宗派の基本の考え方
亡くなられた方は阿弥陀様(仏)のお力によりお浄土に往き、お悟りをひらかせてもらう。お浄土をかたちにあらわそうとしたのがお内仏(仏壇)。ご先祖を偲び、お浄土へとお導き下さった阿弥陀様に手を合わせる。
 ▼用語
戒名→法名
数珠→念珠
帰敬式:法名を授かる(本当は生前より行うのがよいです。ご相談下さい)
教えに合う言葉=浄土、彼の土、西方浄土、極楽浄土、浄土へ還る、往生する、しのんで念仏する、悼む、悔やむ、浄土へ還った方、成仏した方
教えに合わない言葉=草葉の陰から、黄泉の国、天国、冥土、冥土に旅立つ、天国に昇る、安らかに眠る、神の元に召される、永眠する、冥福を祈る、霊をなぐさめる、地下の故人、霊、御霊
 ▼臨終後
・ご遺体の扱い(湯灌・髭剃り・化粧)
・安置(お内仏のある部屋に。頭北面西) (頭北面西とは)
・枕飾(枕元に小机。白布をかけ、香炉と蝋燭立て)
・不断香(香を絶やさない)
・臨終勤行(住職に依頼。家族で。念珠が必要)
・今後の相談(住職と)
・決めごと(喪主・世話係・通夜と葬儀の日取り)※日取りで友引を避けるのは迷信。ただし火葬場は休みが多い。
・納棺(近親者で。白服もしくは生前愛用の清潔な服を着せる。死装束は不要。個人の愛用品は燃えにくいものは避ける。)
▼通夜
・支度:自宅葬の場合、派手な装飾品は取り除き、祭壇・会場・控え室などを設ける。
ご遺影でご本尊が隠れないように。
・通夜勤行:喪主・近親者・遠縁の順に前より席に着く。住職とともに「正信念仏偈」を唱和、住職に合わせて合唱。数珠が必要。お勤め→住職の法話→焼香→喪主挨拶。
・通夜ぶるまい:お斎(おとき・通夜のおもてなし)を戴き、故人の想いでや、法話のことを語る。
 打ち上げのような性質のものでなく、一つの仏事として行う。
 ▼葬儀
式次第(基本)
1、遺族・親戚・参列者着座
2、導師(住職)入場
3、開式の辞・総礼
4、勤行(焼香)(弔電披露は勤行の後)
5、総礼・閉式の辞
▼法事
・命日を過ぎてもよい。日取りにこだわらない。ご本尊(阿弥陀如来)を安置。一周忌は丸1年、3回忌は丸2年の法要。一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌と行う。
 ▼弔問(通夜・葬儀・法事)
数珠:(念珠という)いずれの行事にも、念珠は欠かさない。左手に持ち、房(ふさ)の部分が下に来るようにする。
通夜:服装は礼服、または略礼服が増えてきている。
焼香:本願寺派は1回で大谷派は2回。 額には押し頂かない。線香の場合は二つに折り、香炉に横に寝かせる。
 ▼仏壇
※位牌を用いない(過去帳・法名軸を準備)
※仏飯=ご飯を炊いてすぐ供える。午前で下げる。
※供物=餅・菓子・供物など。袋から出して供える。 戴きものを供え、お下がりを頂くようにする。
 ▼お墓
※正面には家名でなく、「南無阿弥陀仏」と刻むのが良い。
※板塔婆は用いない。
 ご臨終より、まずご相談ください―――――――――――――――――――――――――――――――
浄土真宗本願寺派 雲龍山 西照寺  0493-39-4640    http://www.saisyoji.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です