お内陣の大掃除

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんばんは 住職です。

今日は今年最後のご法事とおとり越しのお参りを終えました。

日中のご法事を終え、午後からご本堂のお内陣の大掃除を致しました。

とても綺麗になりました。これで、新年を迎えられます。

ご本堂の大掃除は、これで大丈夫!

残りは、本堂の他の部屋と私の書斎の大掃除を大晦日の明日行います。

さて今日は、熊谷のご門徒さんのHさんより、嬉しいメールも頂戴しました。

新型コロナウイルスによって、高齢なご門徒が多く集う西照寺法話会は、中断しているのです。

皆仲が良いご門徒さん達も集うことができずに残念なのですが、しかし法話会の中断にはご理解いただけて

います。

教えの中では、「仏法に明日はない!」と言われますが、やはり明日を考えて生きてしまうのが私達です。

因みに、「仏法に明日はない」との意味は、人間いつ死ぬのかなんてわからない。明日死んでしまうかもし

れない我が身である。だからこそ、死んだらどうなるのであろう?という、とても大事な問題を尋ねること

ができる仏法を、今生きておかないと、明日はないかもしれないんだから!という意味です。

本当にその通りだと思わされます。

しかし、わかっちゃいるけどやめられない!との歌詞のように、それがわかっていながらも、

集うことで感染するかもしれない!という不安が先にきてしまうもの、我々の心情です。

明日を生きる為に、危険を回避する!という選択欄を選んでしまうのも我々なのですね。

感染症にかかれば、明日はないかもしれない!しかし、だからといって仏法を聴く為に集う行為が

感染症にかかる不安にもなるわけです。

こんな時こそ、法話会ではなく、個別に仏法を味わうことのできる仕組みもあった方がよいですね。

というわけで、西照寺の法話会を中断している為、ご門徒さん達も会えずにいるのです。

しかし、皆さんそれぞれお元気で過ごされております。

私がそれぞれの皆様がお寺にお参りに来られた時に、お会いしているのです。

皆さん、今は無理だけど、早く集まれたらいいですね!と仰っておられます。

皆さん、気持ちは一緒です。

しかし、落ち着くまでにはもう少しかかりそうですね。

Zoomというネット上で対面して会話ができるツールもあるので、少し長引きそうなので、

それができる方で久々に会話をしていくのもありですね。

少し検討致しましょう。来年も宜しくお願い致します。

年の瀬

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今朝も寒いですね。今は一人で隔離生活中ですが、寝床が寒かった為、一枚毛布を

増やしたら、それ以降、逆に暑くて途中で起きる!みたいなことも増えました。

う~ん。羽毛布団の効果かな。それとも運動を続けている効果なのか?

よくわかりませんが、例年の寒くて起きる冬ではなく、逆な冬となってます。

もっとも、温度は低いから寒いけど。

それにしても、明日くらいから一段と寒くなると言われているので、そこがどうなるのか?

年の瀬が近づいてますが、今年が終わるって気分ではないですね。

なんだか年末の気がしません。コロナのせいなのか?それとも年取ったらそういう気分になるのか?

よくわかりませんが、ちょっと気持ち的に不思議な年末ですね。

新型コロナの後遺症 毛が抜けるって!

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

いよいよ今年最後の日曜日。今週で今年も終わりますね。

そんな中、興味深い情報を見ました。

新型コロナウイルスの後遺症で、髪の毛が抜ける!との報告があるそうです。

まあ、髪の毛だけではないのでしょうが、いわゆる脱毛ですね。恐ろしい。

この情報を見て、JCのOBで私の先輩のUさんを、すぐに思い出しました。

Uさん、絶対に感染しないでください。それ以上抜けちゃうと、手の施しようがなくなるから。。。

という訳で、後遺症は怖いですね。 因みに、情報の出処です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e3987c131f8d745c8e1746a76253359bd13116fb

新型コロナ陽性者を減らそう!

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

今年最後の土曜日を迎えました。

西照寺ではご法事が勤まりました。しかし、私は隔離生活中の為、ご法事は父にお願いしました。

それにしても、ここ連日、新型コロナ陽性者の記録更新が止まりません。曜日別の最高値を更新。

埼玉県も、県民の陽性者数を連日更新。

とても身近になってきたと思わざるを得ません。昨日、気になって西照寺のある東松山市の陽性者数を

調べてみたら、累計ですが110人となってました。100人を越えてるんだ!と思ってしまいました。

東松山市は都内から少し離れている田舎ですし、埼玉県のほぼ中央部に位置していることもあって

長閑な場所なのです。だから、人口密集地とは離れている為、内心ここは大丈夫だろう!との気持ちも

あるのです。しかし、連日陽性者がでているし、やはり人口密集地からの影響はあるんだ!と思わされてい

ます。そりゃ、都内から離れているといっても、通勤できる距離ではあるし、当然東松山市に住んでる

若者が、都内に遊びに行くと言っても、普通の感覚です。

都内から東松山市までは距離があるけど、人の移動は普通にあるのです。当然、ウイルスも入ってきます

よね。

私は、この年末年始だけは要注意と考えて、少し厳しめの隔離生活を続けていますが、このまま感染者が

増加の一途だとしたら、私も感染するかもしれませんね。

しかし、聞こえてくる情報には、後遺症が大変!との内容もあるので、かかりたくないですね。

皆で頑張って感染者数を減らしていきましょう。これこそ、自他共に!の問題です。

自分を守る為には、他の人も守られないといけません。自分だけかからなければ!などと思うことはできて

も、ウイルスが蔓延していれば、自分だけかからないなんてできませんからね。

自他共に!ウイルスにかからないように願うことにしましょう。皆さんも、感染しないように、必要最低限

の外出や行動を心掛けてください。4月や5月の頃とは気持ちが変わってしまいましたが、できる範囲で

抑制した行動を心掛けましょう。特に外での会食や、家族以外の方との会食は、今必要なのか?を考えて

いきましょう。時に今必要!という場合もあるでしょう。それは仕方ありませんよね。マスク会食など

気を付けてやりましょう。普段の生活で、少しでも調子がおかしかったら外出を避け、自宅で様子見をし

ましょう。普段と変わらないことを確認して、外出しましょう。

不用意にコロナに感染し、命が助かったとしても、もし後遺症がでたら、今後の生活が辛くなります。

自分が不用意に感染して、しかも周りの人に感染させてしまい、その人がもし後遺症に苦しんだとしたら。

きっと責任を感じることとなるでしょう。そんな重荷を人生で背負いたくないですよね。

だったら、用心しましょう。用心しても感染してしまったのであれば、それは仕方ありません。

諦めもつきます。しかし、不用意!は後悔することに繋がります。

なるべく、感染したとしても自分が落ち着ける行動を心掛けたいものです。

そんな事を綴りながら、私だって感染するかもしれません。なるべく感染したくないので、会食も気を付け

てますし、お参りにも気を付けています。マスク付けながら読経するのは結構苦しいんです。

でも、頑張る! かかりたくないし、万一私が感染してたとしても、他人にうつしたくないからです。

皆さん、ぜひこの年末年始、十分に注意をしてご自愛ください。共に頑張りましょう。

お寺のクリスマス

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今朝も、まあまあ寒いですね。今は午前6時です。今日は早くからのブログ更新となりました。

世間ではクリスマスですね。でもコロナ禍なので、サイレントクリスマスなんだとか。

小池東京都知事も上手い事言いましたね。

実は、お寺界の暗黙の了解なのか判りませんが、お寺の子供に生まれると、クリスマスはないことが

多いのです。私は大学時代にお寺業界の暗黙の了解みたいなものってあったんだ!と思わされたことがあり

ます。私は高校までは普通の一般的な学校でした。大学は京都の龍谷大学に進学したのですが、

龍谷大学は総合大学なのですが、もともとは浄土真宗本願寺派が関係している大学なのです。

確か、江戸初期に出来た学校で、たぶん、僧侶を育成する学校だったと思われます。

ですから、創立はかなり古くて、世界的にも古い大学なのです。有名なハーバード大学と一年違いみたいな

創立が古い学校なのです。

という歴史的な背景もあって、今でも龍谷大学の文学部の中に、真宗学科という浄土真宗の教義を学ぶ学科

があるのです。私はそこに入学するのですが・・・

だから、真宗学科には全国の浄土真宗本願寺派(が多い。時に違った派のお寺のご子息もくる)のお寺出身

の学生が集まってくるのです。といっても、私の時は定員120名でしたから、その程度の人数です。

私は大学で初めてお寺出身の同級生ができることになったのです。しかも、ほぼすべての同級生がお寺出身

という、極めて異例の環境です。

そんな環境にいて、クリスマスの時期を迎えようとした時、世間はイルミネーションやらクリスマスの装飾

やらで、賑わいを見せていたのですが、そんな時、同級生から「世間はクリスマスで浮ついてるけど、俺ら

はそんなもんないもんな。世間に流されたらあかん!」みたいな事を言っていました。

私は衝撃を受けました。多くの同級生が同じ意見だったから。「お寺にはクリスマスなんてないんや」的

な。(笑) でも、とっても羨ましそうにしてましたが(笑)

てなわけで、お寺は仏教だから花祭りや!という感覚が強く、キリスト誕生を祝うクリスマスはやらない!

と各お寺での常識なんだそうです。

しかし、幼少期の頃、同級生はクリスマスプレゼントをもらっていただろうに?と思い、聞いてみたこと

があります。因みに、私はサンタさん来てくれてました。

しかし、他の同級生は、「うちはお寺だからサンタさんは来ない、と親から言われていた」とか

「阿弥陀様がプレゼントを持ってきてくれるって親から言われていた」とか、なかなか面白い事を

教えてもらいました。因みにクリスマスにプレゼント貰えなかった同級生は、なんでサンタさんはお寺に

こないんだ!と、思っていたらしいです。

おもしろい話ですが、今の私的には、日本のクリスマスはイベントだし、やってもいいと思っています。

そもそもイエス・キリストという聖人の誕生日であるんだったら、別に祝ってあげてもいいんじゃない!?

とも思います。小さな拘りなんか捨てて、逆にキリスト教の方からも、お釈迦様の誕生日や親鸞聖人の誕生

日を祝ってもらったっていいと思うのです。あっちは祝わない!こっちだけ祝えばいい!みたいな環境こそ

実は狭い拘りじゃないかと思うのです。私の道はこっち!あなたの道はそっちなのね!お互い大切にしなが

らそれぞれの道を歩みましょう!

こんな感じでいいんじゃないのかな!?と私は思うのです。

私の道は念仏の教え。だけど、クリスマスやって仮にキリストの誕生日を祝ったことになったとしても、

それはそれでいいんじゃないの?と思っています。もちろん、お寺をあげてクリスマスを盛大にやることは

ないでしょうが、自宅で家族とイベント的に楽しむことは、全く問題ないと思っています。

ということですが、昨日我が家はやりませんでしたが(笑)

隔離生活

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

春以来二回目となる、自坊で「念のための隔離生活」を続けていますが、寒い!です。

春とは違って、夜中は寒い。羽毛布団をもってきましたが、寒い!

やはりベットとは違うようです。しかも、畳の上にマットレスと敷布団だから、なんだか朝起きると

身体がダルイような痛いような。きっと電気毛布を点けたりしているので、普段とは違う就寝環境に

身体が慣れていません。今朝は、乾燥で喉が痛かったです。今も喉にはちょっとした違和感あります。

きっとイビキでもかいたのかもしれませんね。

連日、体温は測っていますし、発熱してないですし、体調は普通だと思います。

年末年始だけは、徹底的に注意しようと思っており、こんな生活続けていますが、大晦日やお正月は

普通の生活に戻ることにしています。

私が外出機会が多い為、万一私が感染していたら、家族が罹患し、年末年始に症状がでる!なんてことに

ならない為に、今、私が隔離生活を続けているのです。

家族と医療機関を守る為ですね。もちろんご門徒も。

少しくらい寒いのは我慢です。何とかなる。

幸い、やることは沢山あって、時間が足りないくらいです。

隔離生活なので、なるべく他人と会わないようにしているし、その意味では自分のやりたいことができる!

というベストな環境でもあるのです。

そこの部分だけは嬉しい(笑)

本当に面倒なことになってますね。

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

連日寒いですね。

私は一昨日と昨日、西照寺のご門徒が亡くなったので、法務の為、神奈川に行ってきました。

それにしても、故人はとても人情味あつく、後輩を育てる人生を全うされた生涯を遂げられました。

その為、このようなコロナ禍でありましたが、多くの方が会葬に来られました。

もちろん、このような最中だから、読経中の会葬ではなく、時間をズラしてのやり方でした。

読経中は、主にご遺族だけ参列された形式です。

その為、人口密集地帯ではありますが、コロナ対策は確認できました。

ただ、火葬場に行った際だけ、敷居のない会食場(軽食ですが)だったので、私は気をつかってしま

いました。

実は、私はコロナに感染しているんじゃないか!?と自分がコロナ感染者のつもりで行動するようにしてい

ます。感染者が多くなってきた今月から、ご法事でご門徒のご自宅にお参りに行かせていただく時も、

お茶を入れていただくのですが、自分がコロナかもしれないと考え、折角入れていただいたお茶ではありま

すが、お気持ちだけ頂戴し、理由をお伝えし、辞退させていただいているのです。

もちろん、読経はマスクを着用したまま行っています。

そのような訳で、今回のお参りも、自分が感染していると思っての行動を心掛けました。

しかし、ご葬儀はご法事とは異なり、会食の場面があります。私も自分の懸念点をご遺族にお伝えするので

すが、それでも、ご遺族から同席を希望されると、それを頑なにお断りすることも変ですし、

私も色々とお話できる機会として嬉しくもあるので、短時間だけ同席させていただくことにするのです。

ただし、感染対策を確認はします。

今回の場面では、対面ですが、間に飛沫防止シートが設置されていたので、もし私が飛沫をだしたと

しても、防止シートで大丈夫かな!?と素人考えで安心し、同席をさせていただいたのです。

おそらく、私も大丈夫だとは思っておりますが、なにより、都会に外出する機会(お参り)も多かったと

言えば多かったですし、必ず大丈夫!とも言えません。もちろん、移動は全て一人で車です。

色々と気を付けているけれど、正直ここまでくるとわかりません。

それなので、自分で周りに移さない行動を心掛けているのです。

それと同時に、やはり家族にもうつしてはいけないと思い、私は自坊で隔離生活を行うこととしています。

徹底しているつもりです。もちろん、限界はあるけど。

しかし、困ったことに、人によって受け取り方は様々です。父親に限っては大丈夫だ!大袈裟だ!とか言っ

てきます。実は、このような人が危ないのではないか!?とも思っていますが、逆に心配しすぎの人こそ

かえって感染するんだ!という説もあります。だから、何が正解かわかりません。

ただし、今私がここまで徹底する理由というものがあるのです。言い分ですね。

それは年末年始、医療機関は閉鎖されるところもあるでしょうし、万一、その時にご門徒や家族(特に高齢

な親)が発症したら大変なことになります。その原因が私だった!と、もし判明したら、それこそ後悔しか

ありません。万一、そんな事にでもなったら、私は今後の人生その問題をずっと引きずっていかねばなりま

せん。それは嫌だ!非常に自分勝手な見解(笑)ですが、そうならない為に、大袈裟だけで慎重を期している

のです。もちろん、年が明けて正常な状態になれば、普通の生活に戻るつもりです。

こんな生活、長くは続けられません。無理。

上記のような理由で、今は家族の中で一番外出する頻度が高い私が、外出を伴うお参りは全て担当し、

その代わり年末まで隔離生活を遂げることとしているのです。今はその真っただ中。

春先も隔離生活を行っていましたが、今回は冬ですから、とても寒いのです。

私は毎朝お風呂に入る習慣があるのですが、春先は、本堂のある建物にシャワー室が設置されているシャワ

ー室に入れば良かったのですが、冬はシャワーだけでは寒すぎて無理なのです。

そこで、仕方なく自宅のお風呂を沸かして入るしか方法がありません。(そこまでしても入りたい)

今はそれだけが厄介ですね。もちろん、入る時はマスクと手袋着用し、自宅にウイルスを持ち込まない

ように心がけております。もちろん、ウイルスもってないとは思っていますが、念のためです。

環境による変化

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

いよいよ年末ですね。

突然寒くなったこともあるのか、お寺は忙しなくなっております。

私も、急なお参りが入り、お勤めさせていただくこととなっています。

このような役割を担っていると感じることですが、おそらく生き物というのは

急に気温が上がったり下がったりすると、いくら現代にエアコンがあって空調が管理されている

とはいえ、身体への負担というものはあるのだと思います。

気温の寒暖差が急激だったりすると、私の印象ですが、亡くなる方も続くようです。

もちろん、それだけが原因なわけではないとも思いますが、私の経験上、特に冬場の寒い時は

亡くなる方も多い印象です。私も冬は寒くて死をイメージする季節だ!と以前のブログに綴りましたが、

上記のような経験が蓄積された結果から来ているのかもしれませんね。

以前、大学生の頃は、冬は寒くて身が引き締まる!と感じていたので、むしろ好きな印象だったのです。

それが、今では真逆になってしまいました。おそらく、それは経験上の蓄積によって、影響されたこともあ

るかもしれません。

そう考えると、環境に影響される部分って、人間には沢山あると思われますね。

寒いのに起きないで大丈夫!

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

連日寒いですね。私は昨日、運動を控え無理をしなかったので、今日は普通になりました。

そこで、朝から運動を再開。寒いけど、身体を動かすことで暖かくなります。

今年は随分と暖かい日が続いたのですが、ここ数日間は猛烈な寒さとなりました。

これだけ寒いと、就寝中に寒くて何度か目が覚めるものですが、今年は不思議と違うのです。

就寝中、とっても暖かいのです。むしろ暑い!と思ってしまうほど。

特に何かを変えたわけではありません。ベッドなのですが、マットレスの上に、エアウェーブを敷いてます

。その上に薄手の毛布をシーツ替わりに敷いています。その上に私は寝るのですが、私の上には2枚の毛布

があります。一枚は薄手の毛布。もう一枚が、よくある厚手の毛布です。その上に羽毛布団。この枚数だと

寝起きでも疲れません。重みがさほどないからですね。以前は毛布を5枚に綿布団でした。それでも寒かっ

た。さらに、重さで朝起きると身体がとてつもなくダルイ感じでした。

今年の布団は、例年と変わらないと思うのですが、これですっごく暖かいのです。

もし違いがあるとすれば、6月から運動をしている!ことだけです。

運動のせいなのか? はたまた羽毛布団のせいなのか? 

よくわからないのですが、就寝中は猛烈に暖かい! 

これだけは確かなことなのです。良質な睡眠が取れているので、とっても嬉しい限りです。

体調不良

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

突然厳しい寒さがきたからなのか、今日も若干の体調不良です。

元気なのですが、ちょっと胃の辺りがスッキリしないというのか、ノロウイルスになる前のような、

冷えからきているような胃の違和感を覚えています。

それなので、今朝の運動は控えました。

無理して強行して、体調悪化するというパターンがよくあるし、そこまで義務感をしょい込む必要もない

ことなので、そうしました。復調したら、再開します。

皆様も気を付けてください。本当に寒くなったので、体調不良になりやすい季節かもしれません。