大晦日を迎えたら。。。

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今日は大晦日です。今年の終わり。早いですね。全然そんな気がしません。

今朝は、あまりの寒さに、妻が明け方(4時くらい?)エアコンを付けました。

しかし、6時頃になっても依然寒い。たぶん寒さの影響で、お腹が若干気持ち悪い。冷えですね。

そういえば、年越し寒波が強烈だとニュースでやっていたしな!と思いながら、私は起きました。

直後に、たまたま子どもの部屋に入ったら暖かい。エアコンが付いてる。 

「ん!?」となって再び寝室に戻ると非常に寒い。

まさか! エアコンのリモコンを確認すると、冷房21度になってました。

そりゃ暖かくならないわ! お腹も冷えるわ!

真冬の明け方なんて、21度は暖かいはずなのに、冷房の21度は真冬でも寒いのですね。

真冬の明け方一番寒い時間帯に、2時間も冷房入れて冷え込んでしまう大晦日を迎えました。

今でもお腹が若干気持ち悪いですが、温めないといけません。

私はお腹の冷えから嘔吐に発展してしまうことがあるのです。とても気持ち悪くなってしまうの。

今はまだ身心の余力が回復していない状態なので、要注意です! 気を付けたいと思います。

それにしても、冷房でも21度なんてダメですね。私は夏場でも25度か26度でいます。

社会的には温暖化や省エネの為に冷房は26度!と言われていますしね。

21度なんてどうしてなったんだろう!? 

きっと妻が寝ぼけて、リモコンのスイッチをいじったとしか考えられません。

お腹の冷えとか、何とかしたい大晦日となりました。

万一、気持ち悪さに発展したら、来年迎えて早々に苦しむことになるからね。それだけは嫌だ。(笑)

2022年 旧正月

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

ついに、大晦日の前日を迎えました。今年もいよいよ終わりですね。

今年の終わりに差し掛かりましたが、私個人としては、家の大掃除もできずにおります。

今日と明日で、せめて私の書斎だけでも大掃除をしたいと思っております。

今年は、年末まで色々と大変な状況でしたので、ある意味仕方なし!と思うこととしています。

来年を迎え、少し落ち着きを取り戻して来たら心身ともに復活してきます。

今は身体に負荷を与えないことを第一に考えています。本当は、年末年始というケジメをつけるには

絶好のタイミングですが、ケジメだけを意識して、無理して身体を壊したら元も子もないので、

今年はカレンダー的なケジメのタイミング(年末年始という)を意識することを諦めました。

時には、このような諦めも大切です。出来る時にやれればいい!と思うことも大事。

きっと、出来る時が来るのも時間の問題だと思いますし、きっと来年の1月末までには復調してくる

と思われるので、そこから仕切り直しで掃除などもできればいいと思っています。

という訳で、私の書斎だけは若干片付けようと思いますが、それ以外は、来年の1月か2月に改めて

できればいいや!と思うことにしました。

ここは日本だけど、こんな時は、中国で今でも大事にされている旧正月を意識してみる!という

言い訳をしてみましょう(笑)

今調べてみたら、2022年の旧正月って、2022年の2月1日だと書かれてありました。

丁度いい! たぶん、その頃までには身心共に復活しているような気がする。

今まで旧正月など意識したこともなかったのに、こんな時だけ、都合よく意識して利用しようとする

自分勝手さが、何よりも人間臭くて面白いものですね。

でも、それでもいいんです。ケジメをつけるには、ちょうどいいです。

来年の旧正月を私はケジメをつける好機ととらえて、それまで無理せずに休みたいと思います。(笑)

試練 不思議な力 何の為!?

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

ここ最近、ストレスから抵抗力が落ちています。

住職にもストレスってあります。人間だもの。皆さんと一緒です。

今日は、試練について宗教者の私が今回の経験則で感じたことを綴ろうと思います。

不思議と、突然色々な物事が立て続けに上手くいかなくなる。

今回、私はそんな事態を経験しました。

詳しく言えば、始まりは2021年の7月末からでした。(記事を綴っている今は2021年12月29日)

この時は、ストレスを感じるほどの問題ではありませんでした。予想外の事が起きて、ショック!

程度です。9月に入り、中くらいの問題が起きてしまいます。10月中旬から、全く違う大きな問題が

起きてしまい、9月と10月の問題を同時に抱えました。10月下旬に、9月の問題は解決。

すると、11月下旬に7月と関係する中位の問題が発生。

12月に入り、解決したはずの9月に抱えた問題の続きが、違う理由から大問題化。

12月は同時に3つの種類の違う問題を抱えることに。

何が原因で、このような3つの問題を同時に抱えることになったのか、全く見当がつきませんでした。

問題を鎮静化させたく、色々と出来る努力はしたつもりでしたが、不思議と上手く運ばないのです。

沈静化しても、不思議と数週間でまた違う種類の問題が起こってしまう。

不可抗力な問題に、自分でもどうしようもなく苦しみました。そんな理由から、試練だと思ってしまいまし

た。ようやく12月下旬になり、ある事に気づけたことで、それぞれの問題も落ち着きを見せ始めたのです。

これまた不思議ですが、自分としては、変な納得感があるのです。

因みに、私が今回体験して感じている「試練」の持つ意味は、当ブログの最後に綴っています。

しかし、これまで数か月、相当苦しみました。

そのような時系列を経て、私は人生で初めて大きなストレスを抱え、以下のような身体的症状がでました。

12月26日から、人生で初めて膀胱炎とみられる症状がでました。

薬(ボーコレン)を飲んで、3日で改善されました。

因みに、血尿などはありません。頻尿とトイレ後のとてつもない違和感で、絶対膀胱炎だ!と気づきました

。症状が続けばクリニックを受診するのですが、3日で改善されたし、大丈夫でしょう。

ここ数か月、本当に苦しんだので、12月中旬は咳喘息になりかけて、投薬。改善したら、次は膀胱炎。

膀胱炎は冷えも原因と書かれてありましたが、ストレスも関係しているみたいだし。

咳喘息も、膀胱炎も、自分的にはストレスから来ていると理解しているのですが、私の状況もだいぶ改善

してきているので、試練は乗り越えつつあると思っています。

だからこそ、安心できているので症状が出始めてきたのだろうと思うのです。

一応、現時点では大したことない症状で治まってくれていることが幸いです。

咳喘息も膀胱炎も、軽視はしないけど、軽い症状程度だから。

それにしても、これまでの人生でもストレスから蕁麻疹、咳喘息、膀胱炎など患いました。

ストレスを抱えても、精神的にはもちろん辛いんだけど、平常を何とか保てているから普通に生活が

できてしまいます。でも、身体は正直で、症状としてでてきます。

これまでストレスに対して、自分は耐性が強いかも!と、変な慢心がありましたが、ストレスは万病のもと

という事を痛感するようになりました。仮に精神的に大丈夫だったとしても、そんなの何の言い訳にもなり

ません。身体に症状がでるくらいなので、全然大丈夫ではないのです。身心は繋がっているんだから。

ストレスを抱えることは、本当に良くありません。出来るだけ、ストレスから遠ざかる生活を心掛けること

をおすすめします。その為には、ストレスを抱える環境から遠ざかる歩みをとることも大事かも。

しかし、試練の場合は遠ざかりたいけど、どうやって遠ざかればいいのかわかりません。

そこはどうしようもないのだけれど、たぶんだけど、私が今回感じた試練は、よくわからない不思議な力が

私に対して「気づけ!」と試練を与えてくれているのだと納得できました。

こんな事を言うと、変に誤解されるかもしれませんが、たぶん不思議な力?不思議なご縁?ってあると思う

のです。科学などでは説明がつかないご縁ですね。

ご縁なので、目には見えないし、具体的な形があるわけでもない。

でも、不思議なご縁の中には、何らかの意図が加えられているのです。

今回の私の場合、ようやくそれに気づくことができたので、たぶんこれで試練は終わり。

逆に言えば、ここ数か月、そこに気づけないでいたので、何度も何度も試練が繰り返されて次々と襲ってき

ました。私の中では、どうしてこうなるんだ!?と、全く不可抗力な事ばかり。本当に不思議で困りまし

た。だけど、事実としてそうなっていったんです。私の意図とは全く逆方向に物事が進んでしまう。

今まで上手く運んでいたはずなのに、急に色々なことが真逆にいってしまったのです。本当に訳が分からな

い。何でこうなるんだ!?状態でした。

最初は、1つの問題が解決して落ち着いたと思い、他の問題を落ち着ける為に動いていた矢先、3週間後位

に落ち着いていた問題に、また違う問題が起こってしまって複雑化してしまう。その繰り返しでした。

すでにブログにも綴りましたが、苦しみぬいた果てに、ようやくある事に気づけたことで、試練は終わるだ

ろうと思えています。現に、ようやく色々落ち着き始めています。

ただし面白いことは、私が今回気づけた事が原因で、あらゆる問題が起こっていた!という訳でもないので

す。もちろん、関係している問題もあったと思っていますが、直接的にそれが原因ではないのです。

だから、不思議なのです。これを経験してしまうと、何か不思議な力が私に試練を与えて「はやく気づ

け!」と働きかけてくれているとしか思えないのです。私がそれに気づかないから、何度も試練は続いたし

段々と試練が大きくなっていったのです。試練が発展していったというのか。

最終的に、私は追い込まれて、もうこれ以上はダメだ!限界だ!という所までいきました。

その果てに、ようやく気づけた境地がありました。今回の試練がなければ、人生で絶対気づけなかった

部分だと思います。そんな経験をすると、試練ってあるんだな!と思えてくるのです。

何か不思議な力が私に意図をもって届けられたのだろうと思っています。

もっとも、この意図は、人間的成長を遂げさせる為の、良い方向性に導く意図です。

多分だけど、悪い方向性に導く意図する力ってありません。全て良い方向性に導く為の意図する力です。

ただし、時として、それに気づくまでは、自分が限界まで苦しまなければならない場面もあるのでしょう

ね。もっとも、それだけ苦しんで気づけたことなので、得るものは相当大きいです。

でました!マイナス5℃

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今日は寒くなりました。流石に猛烈な寒さです。

朝、ちょっと車でゴミ出しに行ったのですが、8時過ぎなのに車の外気温計が指していた数字が

信じられません。マイナス5℃。こんな時もあるのですね。

昨夜、TVで天気予報をたまたま見たら、マイナス4℃になると水道管が凍結するらしいです。

数年前の真冬、西照寺の本堂裏のプレハブの水道管が破裂したことがありました。

きっと、マイナス5℃以下だったのだろうと思われます。

今回は、プレハブは水道管が凍ったようで、水道が出なかったのですが、破裂は免れました。

午前8時過ぎで、マイナス5℃(もっとも、朝の車の温度は、走行しているとドンドン上がるので、実態

ではないのかもしれないのですが)を指しているのですから、きっと明け方は、もう少し低かった可能性

さえあります。おそろしい。埼玉県なのに北海道並みか!?と思ってしまいました。

北海道では、寒さ対策が行き届いていると聞くので、むしろ、こっちの方が寒いように感じられると思われ

ます。本当に寒いや。

ご法事

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今日も寒いですね。明日が一番寒いんだったっけ? 

私は寒いのが大嫌いなのですが、今年は寒いんだけど、それほど寒さに悩まされていない現況です。

今朝も寒い!と思うけど、布団は暖かいし、トレーニングの効果(例えば、燃焼系になった、あるいは、筋

肉がついて、寒さを浸透させなくなった?とか)が持続しているのか?と、勝手に思ってしまう程の違いで

す。ここ一カ月ほどトレーニングはお休みしているのですが、それにも関わらず、今年は寒さで打ちのめさ

れるような気持にはなっていません。不思議。

今日は今年最後の日曜日。寒い日ではありますが、ご法事が勤まります。今年最後のご法事かな!?と思っ

てしまうのですが、今年は30日も大晦日もご法事が予定されているので、今年最後のご法事というわけで

はないのです。今年はコロナの影響もあって、家に帰宅できる日が少なかったことで、大晦日に自宅に帰る

ので、ご法事を!との理由なのです。そう伺うと、当然ながら貴重な機会ですし、大晦日だろうが何だろう

がご法事を勤めさせていただきたい!と思うのです。大晦日に自宅に帰り、まずは亡き方を偲ぶ心を大事に

される!この心こそが、亡き方とご遺族の有難い関係性を示す証明だと思えます。ホッとしますね。

クリスマスイブ

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

世間では、今日はクリスマスイブです。 私達お寺の世界では、僧侶個人という意味でも、あまりクリスマ

スのイベントを喜ばない風潮があります。世間ではクリスマスとかやってるけど、俺たちは流されないよ

な!みたいな(笑)  今の私的には、別にいいよね。という感想です。

もちろん、仏教の教祖であるお釈迦様のお誕生日である花祭りもお祝い。

親鸞聖人のお誕生日の降誕会もお祝い。

それらをお祝いするのは当然として、他宗教の教祖のお誕生日をお祝いするのだって、いいじゃありません

か。自分のところのお祝い事だけしか認めないような狭い教えでもなかろうに。と個人的には思ってます。

例えばですが、浄土真宗であるならば、親鸞聖人の師である法然聖人のお誕生日お祝いをすることだって

当然だとも私は思ってしまいます。浄土真宗のお寺では、あまりやらないのだろうけれど。(-_-;)

最も、今の日本のクリスマスはイベント化しすぎてて、もはやイエス・キリストの誕生祝いという感じでも

なさそうですね。

だったら、尚の事、意味だけに拘らないで認めれしまえばいいのかな!?とも思います。

私個人的には、ケーキ食べたり、世間でのイベントに参加することは、全然構わないと思っています。

もっとも、お寺でお祝いするような事はありませんよ(笑)

お寺でお祝いするのは、当然花祭りと降誕会を主に限ってしまっているのだけれど。法然聖人のもやるべき

じゃないか!と思い始めていますが。

しかし、お寺ではなく、個人的な生活の中では、世間的イベント(イルミネーションやケーキ食べたり)に

流された生活をしていることも事実です。

だからこそ、クリスマスがある意味羨ましいですね。これだけ日本社会がイベント化してしまう影響力が

あるのだから。花祭りもそうなって欲しいくらいです。

ニュータイプ

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

昨日も温かなコメントを頂戴でき、しかも、私が大変お世話になり、大好きで頭が上がらないお方からの

コメントでしたので、とても嬉しかったです。見てくださっているのですね。(恥)

ブログを見てくださっている皆様には、ご心配をおかけしてしまったようです。

申し訳ありません。

でも、私も僧侶でありますが一人の人間ですし、娑婆世界で生きて居れば、当然人間的な苦しみや悩みは

皆様と同じである!ということも、隠さないでオープンにしたいと思っています。

ただし、宗教者として、おそらく宗教を持ってない方と比べた時、おそらくだけど、こんなに苦しい時でも

心の奥底では揺るがない核心が備わっているので、苦しみながらもパニックを起こすことはなさそうです。

それをとても強く感じています。なので、私は宗教を持つことができて良かった!と強く思います。

もし、宗教がなかったら、こんなに苦しい状況を前に、パニックになり、心が閉鎖的になっているかもしれ

ませんし、あるいは、この状況を何か(例えば、悪霊とか)のせいにしたいと心底思うかもしれません。

こんな事をブログで綴りながらも、私は元気にしてはいます。凹んではいますけどね(笑)

しかし、人生って不思議なもので、今回の件のように、自分にとって都合の悪いことが色々と重なって、

自分が全然意図していない方向に流れができてしまって、事態が進んでしまう事実を体験しました。

しかも、私の場合、全然関連していない3つの事態が、ある種同時進行的に、私が全然意図していない方向

へと進んでしまったのです。不思議と。いやいや本当に全くの不可思議。

そんな流れが、特に10月頃から続きました。だから、この2か月ほど、強烈な苦しみを抱えていたんです。

もっとも、家族の命に係わるような案件ではないので、考え方によっては、知れてますが。

今は、若干前を向けそうな状態にあります。

たぶん、試練だったのでしょうね。

先日のブログでも綴ったように、たぶんこの試練は、私に傲慢さをわからせる為の試練だったのだろうと

納得しています。ここが納得できたのが、つい先日。おそらく、この気づきをもって、この試練は終了

です。

今回の件では、本当に苦しみましたが、大きな人間的成長をさせてもらいました。これほどまで苦しまなけ

れば、絶対に自分の傲慢さには気づけなかったと思います。

敢えて一般的な表現をするならば、今回の悪い流れは、天(あるいは神)から与えられた試練。

私に「そろそろ先に進め!」と言っているのだと思えます。

これまでの私は、「先」の意味がわからない状態でしたので、敢えて試練を与え気づかせてくれたんでしょ

う。きっと、先のステップに到達するには、「自分の傲慢さに気づく」ことが大事だったのでしょう。

これを浄土真宗で言えば、阿弥陀仏の本願力によって「私の傲慢さ」に気づかされた!と言うのです。

ここまでくるとようやく、不可解な苦しい状況が、私を成長させてくれる為の試練だったと頷けてくるので

す。だから今、ようやく苦しい状況を脱しつつあるのです。そんな現況にあります。

そんなことなので、ここから先は良い方向にしか進みません。

ご心配をおかけし、申し訳ありません。

でも大丈夫! 2021年もそろそろ終わりです。

これで新たな2022年をニュータイプの私で迎えることができると思います。

ポジティブ思考

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

15日にブログにコメントを頂戴しておりました。ありがとうございます。とても参考になりました。

こんなブログを誰が読んでくれるんだろう?と思いながらも、自分との約束を破らないように、

結果的に10年以上続けています。

稀にコメントを頂戴できると、励みになるのですね。自分でも、コメントを頂戴したいが為に続けている

わけではないのですが、コメントを頂戴すると、不思議と見てくださる方もおられるんだな。と感じて

心がホッとします。ありがとうございます。

ここ最近、私は自分を内省する時間が続いておりました。とても苦しい時期でした。

今は、少しづつ一番つらい時期を脱しつつあると感じています。

不思議と物事は上手くいかない時って、悉く上手くいかなくなるものなんだなぁと感じさせられた数か月で

した。浄土真宗のお坊さんだけど、娑婆世界(人間世界)での出来事だけど、とても悩まされる事案に何度

も出あうと、さすがに苦しいものです。心も凹みますし、胃も痛い。

そんな超苦しい中でも、宗教を持っていて良かった!と思えた部分は、この苦しみの中でも、心の核心部分

は揺るがないこと。超苦しいんだけど、何とか正常でいられること。苦しみに押しつぶされないでいられる

こと。ここら辺は、今回自分が苦しい状況に陥ったからこそ、新たに気づけた部分です。

この苦しみも、所詮は娑婆世界(人間世界)での事。譫言空言の世界の事です。だから、最終的には大した

問題じゃないんです。それが核心的に頷けているので、何とかなってます。

ただし、そうはいっても、今はまだ娑婆世界(人間世界)の真っただ中を生きているわけですから、生身の

苦しみは当然ながら押し寄せてくるわけです。最終的には譫言空言(ウワゴトソラゴト)なんだけど、今の

自分は娑婆世界を生きているわけだから、現実問題としては苦しいわけなのです。

その苦しみと向き合いながら、生きている自分の問題と対処していかなければならないのです。

しかし、色々な周りの人の考え方に左右され、私自身ではどうにもならない部分もあることは確か。

ここ数か月、私は、自分ではどうにもできない部分で悩まされてきたのです。

もちろん、見方が狭い!と言われたらそうかもしれません。それをも自分でどうにかできる!との道もあり

得るのかもしれません。つまり、やれることは沢山あって、やり方の問題なのだ!という世界です。

私はこれまで、傲慢であったようで、自分ではどうにもできない!と自己を正当化する道ばかりを

考えていたようなのです。そこを先日気づけたように思っています。

そこから、徐々にですが、一番つらい時期を脱しつつあるように感じているのです。

まだ、よくわかりませんが、きっと好転してくれると思っています。

ネガティブな気持で心配ばかりするよりも、ポジティブな気持ちの方が大事です。

ポジティブ思考で行きましょう! そうそう、事態は好転していくのです。

ここ数か月、超苦しんだから、驚くほど事態は好転していくこととなるでしょう。

来年が楽しみだ!

傲慢な私

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

3日ぶりの更新となってしまいました。実はこの数日、私は大変大きな過ちを犯していることにさえ

気付けず、ずっと苦しんでいたのです。

恩師の先生に対し、私は自覚なしに失礼極まりない行為をしてしまっていたのです。

人生でこれほど悩んだこともありません。これほど苦しんだこともありません。

限界まで苦しんだ結果、昨日一つの結論に至りました。

それは、私が傲慢であった!という事実でした。結果的に、昨日気づいたことですが、私は間違っていな

い!との自身の正当性ばかりを考えて居た人間であったことに気づきました。

お坊さんでありながら、知らず知らずの間に、自分は正しい考え方が出来ている!と思っていたのです。

恐ろしいことです。

親鸞聖人が愚禿と言われているように、自身は正しいことさえわからない!人間であるはずなのに、

浄土真宗を学んでおきながら、自分は正しい!と思っている私がここにいたのです。

恐ろしいこと。傲慢そのものでした。

今回は取り返しのつかない失敗をし、失うものは甚だ大きいものとなるでしょう。

それだけ失わなければ、自身の傲慢さに気づけない私と出会えました。

傲慢とは、とんでもなく恐ろしいものです。きっと、私は何十年と傲慢な生き方であったのだと

昨日気づくことができました。しかし、時すでに遅し。

全くもって、生き方のやり直しです。辛すぎるけど、人生は続くし、前に歩を進めるしかありません。

宇都宮

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

昨日は、朝からzoom会議、その後川越少年刑務所で教誨を終え、そのまま宇都宮まで

行ってきました。宇都宮では築地関連の行事で、2年ぶりに対面会議がなされたのです。

その会議は重要な会議だったので、私も教誨で遅れはしましたが、合流させていただきました。

因みに、この会議はどのようなものか?と説明すれば、

私が所属する東京教区というエリア(1都8県)には、浄土真宗本願寺派のお寺が約470あります。

組織を纏めていく意味で、この約470のお寺をエリア別に区分して、纏めているのです。

全部で24エリアに分かれています。

例えば、西照寺がある埼玉県には、浄土真宗本願寺派のお寺は30数カ寺あります。

埼玉は埼玉県で1つのエリアとして区分されていて、30数カ寺が纏まった組織を結成し「埼玉組」

(サイタマソ)(サイタマグミではありません)と呼称されているのです。

この「〇〇組」と呼ばれるエリア区分が、東京教区(1都8県)の中には24個あるのです。

それぞれの組(ソ)の代表者は組長(ソチョウ)と呼ばれており、任期制となっています。

組長は、組よりもう一つ大きな組織である教区(東京教区)に属しているのです。

昨日の会議は、東京教区内の組長が集う会議だったのです。それが宇都宮で開催されたのです。

開催場所は、毎年違っていて、東京教区のエリアのどこかで開催されます。

たまたま今年は宇都宮だったということです。

コロナ感染の懸念も、若干和らいだことで、今年は開催ができました。

因みに、昨年は開催できませんでした。

私は、教区に所属している為、大事な組長会議にも参加をさせていただき、それぞれの組長さんと

懇親を深めたり、今後の教区の歩みにご理解いただけるよう、円滑な関係を築かせていただく必要が

あるのです。組長の皆様は、当然私よりも先輩の僧侶ですが、色々とご指導を賜ることができるし

会話をしていても楽しいのです。

そのような事もあり、宇都宮で宿泊し、本日帰宅してきました。

長距離移動と、情報収集や意見交換など、色々と気を遣うこともあったので、疲弊しました。

でも、とても有意義な機会でした。遅れて参加しましたが、でも参加できて良かったです。