日記

ゴミ

こんにちは 副住です。
暖かい春の陽気です。暖かいと何だかホッとしますね。
私はこれからの新緑の季節が一番好きなのです。
若葉の若々しい新鮮な色を見ていると、それだけで力をもらえているような気分になるからです。
見ているだけで、「よし、やるぞ!!」と思えてきます。
新緑の季節は、私の中の「やる気充電期間」みたいなものかもしれません。
そう考えると、今頃は 私の「やる気」の年末みたいな時期にあたるのでしょうね。
道理で、最近疲れ果てるわけです。
さて、今日でお彼岸が終わります。
お寺にも お墓参りの方が散見されます。
お彼岸期間中だと、今日が一番いい陽気かもしれませんね。
風がないし、天気はいいし。
お彼岸期間で、お墓参りに来られた方でゴミが沢山すてられました。
(多くがお墓掃除によるものです。枝とか、落ち葉とか、お供え物のビニールなど)
昨夕、住職がゴミを軽トラで集めました。荷台一杯にゴミが積まれます。
そのまま今朝を迎えました。朝から二人でクリーンセンターにゴミを運んで処理してきました。
不燃物と可燃物で場所が違うため、2箇所のクリーンセンターを回ります。
クリーンセンターで、西照寺は有名です(笑)
よく捨てに来るから。お得意様です。住職の顔をみて、すぐ「西照寺さんですね」とわかります。
でも西照寺の住職だとは思ってないみたいです。(笑)
クリーンセンターでは、まず軽量があります。
軽量を終えると、受付の方がゴミの種類をみて、指示をくれます。
(西照寺は、慣れているので、もう指示もくれませんが(笑))
指示された箇所で、該当するゴミをだして回ります。
最後にもう一度軽量し、処理したゴミの量で金額を請求されます。
可燃物のクリーンセンターでは、5000円ほどでした。(少なめ)
次に不燃物のクリーンセンターへ。ペットボトルや缶、プラスチックや陶器などです。
これは然程、量も多くないため2000円くらいでした。
西照寺では、クリーンセンターに一回行く(2箇所)と、だいたいですが1万弱かかります。
ゴミの量は季節によって違いますが、多い月は3回くらい行きます。
ですから、ゴミの処理だけで1年間に20~30万円くらいかかるのです。(これらは管理費からだされます)
(ゴミが多い時期は、お彼岸、お盆、年末年始)だと思います。ですから、1月、7月、8月、9月、3月は多い月ですね。
昔は、お寺でゴミを焼いていたのですが、今は野焼き禁止ですしね。だいぶ時代がかわりました。
さて、私はこれから教誨師の会議で、川越少年刑務所にいってきます。
来年に迫った、教誨師の大会(関東エリアの大会だと思いますが)が埼玉主催なので、私たち埼玉の教誨師が準備をすることになっているのです。
準備委員会は既にできており、私は企画部所属として配役されてます。今日はいまから、企画部の会議があるのです。
2年ほど前から、目をつけられ(若手だから)、来年はこれ(大会)で忙しくなるから、覚悟しておくように!と言われています。
経験がないぶん、何もわからないのですが、恐ろしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です