日記

死んだら終わり? 死んだらどうなるの?

おはようございます。副住です。
今日から久しぶりに、濃い内容を連載で綴りたいと思います。
人間は死んだあと、どうなるのでしょう?
きっと死んでみないとわからないのかもしれませんね。
しかし、宗教には私が死ぬ前に、そのことについて、確信とも言える世界観を与え
てくれる力があります。私はそう感じています。これは一人の宗教者として綴るこ
とです。私が感じる確かなことは、「死んでも終わらない」ということです。
たぶん死んだら肉体や意識などは、もしかしたら役目を終えるのかもしれません。
一方で、終わらない部分もあるのです。
(これを言葉化するのが、難しい。誤解される可能性が高いからです。
言葉は意味を限定していくので、非常に使い方が難しいですね)
死んでも終わらない部分。これがとても大事。
しかし、それらは目に見えるものでもないし、触れられるものでもありません。
だから、今の私たちにとって確認が難しい。
だからこそ、今は「死んだら終わり」と思う人が多くなっているのだろうとも思い
ます。科学にすっかり慣れた現代人の頭では、それは、ある意味当然です。
しかし、科学では説明できないものがあります。私は科学は大切だと思ってます。
しかし、所詮科学などは人間界における論理で説明ができるものだけを、ある意味
の正としているだけ。説明できないものに対しては、正も誤も判断しません。
「科学的ではない」となるわけです。しかし、現代は「科学的でないもの」を誤り
と考える人々が増えているような気もしなくはありません。たぶん多くの科学者は
それを「誤り」とは思ってないでしょうし、「科学で説明がつかない」と表現する
のだと思いますが。しかし、一般人はそうではない。「誤」的に捉えます。
科学は人間界だけの常識なのです。人間界という狭い世界観だけで物事を判断
する物差しでしかないのです。だからこそ、科学だけに頼る物事の見方は狭いと
言わざるおえないのです。そのような見方で、物事をみると、多くの過ちをおかし
ますね。誤った方向に進んでいくのです。現代の危うさは、多くの方が科学的な
考え方が好きで、非科学的なものには重きを置かなくなりつつあるような気がしま
す。本来人類という(長い時間のスパンで考えたとき)ものに大切であるはずの
様々な事柄も、現代という短い時間のスパンでのブームである科学の目線によって
崩壊されていく様子が、ここ数年の悲しい流れです。
どこかで、この流れを反省することも大切だと思います。
明日以降も、より具体的に綴ろうと思います。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です