日記

文化財鑑賞会の願い

おはようございます。副住です。
昨日、ようやくブログ更新が再開できるように
なりました。
ここ、1ヶ月ほどは色々あってとても大変な日々でした。
大変な日々は、来月初旬まで続きますが、それを乗り切れば
あとはゆっくりできるはずなのです。一応、現在の予定では。
さて、11月2日と3日で、文化財鑑賞会を開催します。
3日は文化の日ですし、スリーデーマーチもあるので、
昨年から、毎年この時期に行うこととしました。
これまで、寄贈者の方と想いの引継ぎを続けてきまして、
先日、ようやく本当の意味を私が理解できたように思います。
何故、門外漢(専門外)ですから、文化財が何なのか?
引継ぎを託された私の役割とは、果たして何なのか?など
寄贈者の方は、どういうわけか、私を見込んでくださっての
行為と言われるのですが、その分、成長しないといけないようで
す。まだ、見込の段階が1年以上続いてきました。
これまで何度も、寄贈者のご自宅まで足を運び、ご教示をうけな
がら、ようやく先日、何が大事なのか?を私が受け止められた
ように思います。
文化財鑑賞会も、寄贈者の方のご意向を受けたものでしたが、
どうやら、寄贈者の方の本当の願いを、私が理解しきれていな
かったので、これまで若干ズレた方向で開催をしてきてしまいま
した。ようやく、寄贈者の方の願いを理解できたように思います
ので、今後の文化財鑑賞会は、しっかりとその願いを反映できる
ようにしたいと思います。
キーワードは「本物」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です