日記

「②一体性」③

こんにちは 住職です。

今の私たちであれば、「私」と「自然」は違う物!つまり対立の構造で考えられていると思いますが、

昔の日本人は、もしかしたら「自然」と「私」は同質。一体というか、私が自然の一部として考えられて

いたかもしれません。「自然」と「私」は対立関係ではなく、協調関係みたいなことです。

「自然」の一部が「私」みたいな感覚だった可能性があると思えます。

つまり、現代人が抱いている感覚の「欧米的私」は、そもそも昔の日本にはなかったかもしれません。

昔の日本的な「私」とは、自然や周りの一部にしかすぎない。

むしろ、「自然の中の私」というような感覚。

つまり、「自然」と「私」とを個別に分けないのが日本文化であった可能性さえあり得ます。

(日本文学などを研究していけば、そこら辺の謎は少しわかってくるかもしれませんが)

そう考えると、今の私たちが普通に抱いている感覚、例えば「私」と「あなた」という個別的な感覚

(つまり対立的感覚)が、昔の日本では少し違っている。

極端に言えば、今の私たちが言う対立的構造が、全体的な一体的構造(協調的構造)と受け止められていた

可能性すらあり得ると思っています。

であるならば、一族の誰かが犯した罪の責任を一族の長がとる!という理屈も理解できてくるのです。

一族の誰かと長は「一体的」という感覚なのだからこそ、責任を取る!との感覚です。

今の感覚で言えば、一族の誰かが罪を犯したならば、長ではなく、当人が責任を取るべきだ!と考える方が

スッキリします。理由は個別主義だから。「一族の誰か」と「長」は違う人です。

しかし、昔の日本では感覚が違います。

「一族の誰か」と「長」は一体なのです。

もちろん、同一人物ではないのだけれど、一族という括りの中では一体なのです。

一体だからこそ、代表者が責任を取ることはおかしくないのです。

この感覚は現代でも何となく続いていますね。

例えば、どこかの家の成人の家族が、とても凶悪な社会的事件を起こしたとします。

本来、個別主義ということであれば、事件を起こした当事者が社会的制裁を受けますが、実態としては、そ

の家の家族の皆が奇異な目を見られたり、嫌がらせを受け、引っ越しをする!という事を良く耳にします。

これって、私たちの感覚でも当然だと思いますが、昔の日本的文化を、無意識的に受け継いでいる感覚なの

かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です