イベント日記

西照寺こども祭り(命のお話)

こんにちは 副住です。
昨日は寺務から「こども祭り」のご案内をさせていただきました。
実は、この企画私の妻が行い、始めて試しみる企画なのです。
娘がいるので、妻は様々なところで子育てに関する情報を得てきます。
その情報の一つに、あるリーフレットがありました。
そのリーフレットは命について子供に教えるお母さんの悩みが綴ってありました。
こんな内容でした。
   ↓
子供がアリを踏み潰して遊んでいるので、お母さんが言ったそうです。
「虫を殺しちゃいけないよ」 ある時、蚊を叩いて殺した際に子供が
「どうして蚊は殺していいの?」と質問されたそうです。お母さんは答えることができなかったと書かれてありました。
また違う話では、子供が食事中に色んなものに目移りし ちょっとづつ食べては残すという姿をみて、
お母さんは注意したそうです。「ちゃんと最後まで食べなさい。食物〈犠牲となった生き物〉は大切にしなきゃダメでしょ」と。
すると「何で?だってみんな残してるよ。沢山食物あるんだし 何でダメなの?」・・・お母さんは答えに困ったとのことでした。
最近は、モンスターペアレンツという自分勝手すぎる親がおられるとか。
中には、お金を払っているのだから「いただきます」を言わなくていいと言っている親までいると聞いたことがあります。
妻はこういう問題に答えられないで困っているお母さんは結構いると思うよ!と言うのです。
お寺で教えないでどうする!という妻の強烈な一言に 私も妙に納得させられ 命についてお話させていただくことになったのです。
だから、メインは「命のお話」(でも、子供相手なので 20分程度のお話にするつもりです)
付随して、子供にみんなで遊べる場を提供できたらと思い、色々考えてます。
 
子供の質問は鋭いですね。そんな鋭い時期に、命のお話をさせていただけるのは大切なことなのかもしれないと思います。
因みに、ダメもとで宣伝の為に、娘が通う幼稚園にチラシを配ってはダメですか?と趣旨説明をさせていただいたところ、
有難いことに賛同いただきご協力いただけることになったとか。
お寺という宗教施設で行うという性質上、断られそうに思いましたが、よかったです。
問題は宣伝です。中々宣伝期間もなかったし、広く周知できない点が不安な点です。
そこでこんなチラシを作ってみました。今宣伝をしてます。
皆さん、もしよければ広めてください。

チラシのデータはこちら(2ページ)

西照寺こども祭り(命のお話)” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です