日記

京都 報恩講

こんにちは 副住です。
只今帰宅いたしました。
実は、来年のご本山(西本願寺)のご正忌報恩講(1月9日~16日まで)でお参りさせていただきます。
これは浄土真宗本願寺派という団体の内情なのですが
宗派の人間として、ご本山の報恩講は、毎年お参りをさせていただきたい大切な行事なのです。
全国の本願寺派のお寺さんは同様に考えております。
もちろん、お寺の都合によってお参りできない方もおられますが。
しかし、全国には沢山のお寺があり、僧侶がいます。
当然、皆がお参りできるわけではありません。
そこで、各地域で統括者がおき、今年は“だれだれ”がお参りさせていただく番だ!と決めていくのです。
もちろん、各地域で決まったら、ご本山に連絡をし、お参りのお願いをせねばならないというわけです。
今年、関東の北ブロック(埼玉、千葉、群馬、茨城、栃木)という地域の統括者に埼玉組がなりました。
すでに、ご本山でお参りされる方を決めたので、昨日よりご本山にお願いのご挨拶に参らせていただいたわけです。
埼玉組の役職者6名でお願いにいってまいりました。

修復を終えた御影堂です↓

会議や打ち合わせなども行い、今回は個人的に動くことを控えました。
京都にはブログを見てくれている友人もいるのですが、今回は事情もあったので連絡せず仕事を優先しました。
これ見たら、怒るヽ(`Д´)ノことでしょうね。(笑)
来年そうそうに参りますので、その際に会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です