日記

支え合い

こんにちは 副住です。
昨夜はドキドキの展開でした。(サッカー日本代表戦)
同点でW杯出場を決めることができて安心しました。
頑張ってください。
戦いを仏教という視点からアプローチしてみました。
サッカーは両チームがいないと試合ができません。
どちらかが勝てば、一方は負けるわけです。
勝者は敗者に支えられて勝者となれるのであるから、敗者にリスペクトしながらの勝者たるべきです。
お互いを敬うことによって、成り立つ試合。その背景にこそお互いを尊重する土台があるのです。
試合結果よりも大切なもの。そんなこともあるのだと思います。
日本の武道は 礼に始まり礼に終わる。ここに相手を尊重している姿勢がみえるわけです。
そこで昨日の試合のハイライトを振り返ってみましょう。
試合開始早々、(オーストラリアのファウル)・・・遠藤選手のFK。(決めて~)・・・「枠を外す」・・・(残念)
(強い相手だからこそ、決めてくれと思う期待も大きい。よって外した時の失望も大きい)←(この期待はオーストラリアが強いことより起こる気持ちだから、オーストラリアに感謝。変な期待をもたせてくれて、ありがとう)
続いて香川選手のシュート。・・・GK正面で GK片手で弾く。・・・(ウォー 決まってろよ。)←(同上。相手GKさすがですね。こんな焦れったい気持ちになったのは、あなたがいてくれたお陰です・・・ありがとうGK)
続いてオーストラリアのカウンター。・・・GK川島選手 ナイスセーブ!!!!(川島!負けてないぞ いけるぞ!! 興奮)←(先ほどの相手GKの好プレイに触発され、余計に興奮。お世話になってます相手GK)
後半戦
残り少ない時間に 信じられない失点。・・・(あ~ なんで・・・やはり簡単にはいかせてくれない。W杯予選。この試合もうだめだ。ドン引き)←(強い相手に追い詰められたからこそ生まれた絶望感)←(いらない絶望感をどうもありがとうございます。謹んで受け取らせていただきました)
危機感から生まれたPK獲得。・・・(え!マジか!!! 本田選手ボール持ってる。僕だったらボールもたないけど・・・W杯、もうあなたに委ねます。)←(ここまでの緊張感は先制をしてくれたお陰と、ハンドをしてくれたあなたによって生まれました。こんな緊張感いやだ~ 入る? 外す? 入る??外す??)
PK成功。・・・(ウォー ウオー ウオーーー 助かった。W杯いきましょう!!!なんて精神力、涙)←(ここまでの興奮と喜びと感動は オーストラリアの選手と熱戦をしてきた結果です)
同点により試合終了。オーストラリアの選手さん。皆さんがいてくれたおかげでいい試合ができました。ありがとうございます。
あなたたちは僕たちを興奮の坩堝に導きました。お陰で寿命が縮まったような気がしてます。ありがとうオーストラリア。ありがとう日本代表。
オーストラリアさん、いっしょにいこうぜ W杯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です