日記

時間との戦い

こんばんは 副住です。
今日は北池袋にある西念寺さまで報恩講が勤まりました。
北池袋駅から出て歩いて1分のところにお寺があるのです。
凄い便利な場所にあるので驚きました。
131107_132009
私はご勝縁(仏様の勝れたご縁という意味だと思いますが)をいただき、ご法話をさせていただきました。
ちょうど12時頃から始まって、40分ほどお話をさせていただいたのです。
さて、今日は朝から別件があり、池袋に10時半に到着する予定でおりました。
車で行くことにしていたので、車で西照寺(東松山)をでたのが8時50分。
スムーズに行けば、池袋まで1時間ちょっとあれば到着するのです。予定では、10時半には到着できるはずでした。
いつもどおりに関越自動車道に乗って、しばらく進むと・・・
川越インター(ちょうど東松山と練馬[終点]の中間のインター)手前で事故があったようで表示機が赤くなっていました。
よく見ると、川越まで3時間以上と表示されていました。
通常は川越まで15分くらいでいくところが、3時間以上・・・相当大きな事故だったのでしょう。
しかし、私としてはまさかの展開で 急遽東松山インターの次のインターで降りて、一般道に切り替えました。
雨の影響もあったのでしょう。一般道も大渋滞。
みるみる時間だけが過ぎていき、カーナビゲーションの目的地到着時刻もどんどんと遅くなります。
色々と抜け道を通ったり努力をしたのですが、全然進まない。ご法話に遅れてはいけないことだけ考え、運転をしていました。
結局、途中で車を諦め、今度は電車に切り替えました。(すでに衣を着て運転していたので、電車に乗るのを渋りながらも、危機が迫っていればなんとかやるものです)
電車でいこう!と切り替えを決めた場所から 最寄りの駅(川越駅でした)まで車で走り、コインパーキングに車を止め、慌てて駅に走りました。
(川越駅には10時30分に着きました。ですから東松山から1時間40分かかったことになります)
お坊さんが大きな荷物をもって慌てて走り、電車に飛び乗るのです。周りからジロジロと見られました。最初は嫌でしたが、なんだか段々と快感になってきました。
そして、北池袋に到着したのが11時20分。(当初の予定では11時45分からお話を!とのことでしたので 焦りました)
西念寺さまに到着したのが11時22分でした。 本当に駅から近かったので、助かりました。
先方には、「どうした、ご講師がまだ来ないぞ!」との不安を与えてしまったかもしれませんね。
結果、東松山から北池袋まで2時間半かかったことになります。(本当に想定外)
絶対遅れてはいけないことってありますよね。例えば私達だと、一人で勤めるお通夜やご葬儀。
また、今回のご法話。代役の方がいる場合は、遅れちゃいけないけれども、何とかしてくださいます。
しかし、代役がいない場合の遅参は絶対あってはなりません。
今回は、別件があったので早くお寺を出たことが、結果的には遅参を免れるよう働いてくれましたが、もし別件がなかったとしたら・・・
恐らく余裕をみて9時半頃にお寺を出発していたので、アウトだったと思います。
もうこんなハラハラした思いをしたくないです。
皆様も気をつけられてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です