日記

比企氏を訪ねて (比企郡の歴史を探って)

こんにちは 副住です。
今日は、先日ご紹介した比企の歴史についての続きです。
比企の尼と、その養子である比企能員は、頼朝によって鎌倉に招かれました。
頼朝へのこれまでの支援が実った結果です。(特に比企の尼の支援は、頼朝にとって、かけがえの無いものだったでしょう)
鎌倉の地で与えられた比企氏の住居は、今は妙本寺となっています。広大な敷地です。
鎌倉に屋敷を移した比企の尼達は、以前住んでいた武蔵の国を偲んだのでしょうか、
鎌倉の住居近くに、比企郡を感じさせる名前をつけています。
例えば、この川
滑川
そう滑川です。西照寺をもう少し西にいったら、滑川町になります。
滑川という名称は、鎌倉以前からあったのですね。(;゚Д゚)!
また、鎌倉の比企氏の屋敷があった(今は妙本寺)エリアの麓には幼稚園がありました。看板には比企谷とあります。
__3
まさに比企氏の比企からとったものでしょう。
このように、鎌倉と比企郡には繋がりが確認できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です