日記

京都の大雪 それでもお参り

こんにちは 副住です。
三ヶ日が終わりました。4日目になると、お正月気分から平常に戻りますね。
(もっとも、私は年末に親しいご門徒が往生され、元旦からお参りなどでお正月気分は吹っ飛んでいましたが・・・)
京都では、60年ぶりの大雪で22センチの積雪だったとか。
昨年2月に関東も60年ぶりの大雪だったので、同じようなことが京都でも起こったのです。
私は京都に10年住んでいたので、とても懐かしく思いました。
当時京都では、お寺のお手伝い(法事や月参りなどのお参りを忙しい住職に代わって行うのです)をさせていただいておりました。
スクーターでご門徒のご自宅までお参りに行ってたので、京都の地理には随分詳しかったです。
(不思議なことに、時間がたつと忘れるものです。今ではだいぶ分からなくなっています)
そんなこともあって、住職の忙しさは知っています。毎月2日のみ休み。あとは全てお参りなどフル稼働なのです。
ですが、60年ぶりの大雪と聞いたので、さすがにバイクも走れないだろうと思い、電話をしてみました。
結果、3日もお参りに行ってたそうです(笑) 凄いな住職!
さすがに、山側にあるご自宅は雪深くバイクでは無理だったようで、車で行ったのだそうです。
お寺の坊守様が電話で教えてくれました。
さすがプロ。拍手(笑)
そんな話を聞いて、刺激を受けました。
頑張ります。
さて、今日はご門徒のお通夜です。
毎月法話会が行われた別院で行います。
ご門徒にとって、思い出深い場所だったようです。
法友(ホウユウ・・・教えで繋がった仲間ということ)の皆と共に、正信念仏偈を読経しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です