日記

布団のかけすぎで体が痛い

こんにちは 副住です。
元日から、風邪をひきそうで、ひかない。
という日々が続いています。
朝起きると、特に肩から背中にかけて体が痛むのです。
凝ったような、熱がこもっているかのような。
・・・しかし、風邪をひいてはいない。
もしかしたら、風邪ではなく、布団のかけすぎなのかもしれないと思い始めました。
毎日、特に明け方は寒いので、布団をたくさんかけています。
毛布を4枚と掛け布団を1枚。
かなり重いのです。
昨年もブログに書いたと思いますが、布団が重いと、朝体が痛いのです。
たぶん、これじゃないかと思います。
しかし、昨日のTVだと、例年よりも温度が平均して2度低いのだそうです。
熊谷は平均マイナス2.1度とか言ってました。一日の昼夜の平均温度です。
マイナスって、もはや極寒の地じゃないか!と思います。
「どこが暖冬じゃ!!!」「当たらないなら、期待させないでくれ!!!」とTVに突っ込んでしまいました。
期待してた分、裏切られたダメージは強いのです。
例年よりも寒いのに、しかも電気毛布など使いたくないので、着込むか、布団を多くするか。
私は布団を多くしてしまうので、着込んで布団の量を減らしてみようと思います。
さっそく、今夜からやってみよう。

布団のかけすぎで体が痛い” への1件のフィードバック

  1. 「副」さん、毛布4枚はかけ過ぎでは? 小生は羽毛の掛け布団1枚のみです。一軒家とマンションの違い? それにしても・・・。因みに、けさの起床時(6時半)の室温は14℃でした。暖房は就眠時に切ります。
    一度、室温を・・・。
    かけすぎ・・・、とコメントしたものの「副」さんに風邪を引かせては大変です。
    (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です