日記

「ブーにゃん」現る

おはようございます 副住です。
最近、西照寺にまたもや野良猫がご飯を食べにくるようになってしまいました。
IMG_0504
家族が「ブーにゃん」と名づけてました。
毎年冬になると、狸などが夜に残飯を探しに来てました。
そこで、冬になると私たちは、狸の為に敢えて残飯を用意し、定位置に置いてきました。
すると、残飯を食べに狸が来るのです。時には複数(3~4匹)でくることもありました。
狸が縄張りをしっかりつくっている年は、狸しか来ません。
しかし、そうでない年もあります。
その年は時々、残飯を狸と猫で争います。
夜中にビャーとかギャーとか激しい鳴き声があった後、ウギョギャギャグォーと聞こえてきます。
就寝中ですが、「今、きっと戦った」と見てもいないのに、解ります。
そんな時は、ちょっぴり狸頑張れ!と思う時があります。
今年は狸が現れません。どうやら猫が縄張ったようです。
しかも朝や白昼に堂々と現れ、寺務所の入口の目の前で座り込みを始めます。
きっと「はやく食べ物を頂戴」と言っているのでしょう。
毎日毎日くるので、残飯もないし、仕方がないのでキャットフードを購入。
毎朝あげてます。今日も先ほどあげました。
もちろん、残飯をあげる日もあります。
しかし、この残飯。今年は白昼にあげるものだからカラスが食べたりしています。
冬は食料がないのでしょうね。しかも寒いので、太らないといけません。
野生なので、冬になる前にある程度太っているのでしょうが、ブーにゃんの場合、西照寺で毎日食べ物をもらえるので
どんどん巨大化してきました。(けっこう食べる)
今年の冬は、どうやらブーにゃんが主役のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です