日記

積雪 住職の喜び 副住職の悲しみ

こんにちは 副住です。
朝から雪です。
お昼すぎまで降り続き、午後から雨に変わるとのことですが、東松山はどうなのでしょうか?
現時点(10時すぎ)で西照寺はこんな感じです。
IMG_0534
土の上は白く雪が積もっています。
その前方は砂利の道路(自宅と本堂の間にある。家族以外の車は通らない)でして、そこには雪は積もっていません。
今後、どれだけ積もるかわかりませんが、降っている感じでは、もっと積もってもおかしくなさそう。
この状況に、住職は朝から気分が乗っています。
寺務所にきて、デスクの上で広げていたのが取説(取扱説明書の略)。
IMG_0533
何の取説かと言えば、言うまでもなく、除雪機の取説です。
昨年末だったか、いきなり運送会社から電話がかかってきて、寺務員がでたら「除雪機が届きました」と言われたそうです。
住職に確認したら、昨年の2月のこともあったから、「購入した」と言い出しました。〈それで、運送会社まで取りに行く羽目に・・・〉
私は、「あれは60年ぶりとか言っていたじゃないか!そんなに頻繁に降るわけ無いんだから、もっと他にお金を使わねばならない部分があるでしょ!」と一悶着。
(もちろん、喧嘩ではなりません。あくまでも私からみた住職の突飛もない発想と行動に意見を言ったまでです)
住職は、「降ったらどうすんの?もう除雪機を依頼してもすぐに来てくれるかわからないし、その都度、除雪機を依頼してたら、もっとお金がかかるぞ」と言ってきました。
ここまでくると、タラレバ論の応酬。
そんな過去があっての、今日です。
住職は朝からルンルン。
はやく除雪機を動かしたいみたいなのです。
(なんなの、このやる気・・・)
ああ、積もったら私も除雪機を動かすことになるんだろうな。
私は全くやる気がない(だって、今日は久しぶりに予定が入ってない〈でも夜に別院の管理があるけど〉んだもん)のです。
どうして、私に予定がないときに限って非常事態ができるのだろう?
たまにはお寺から出ないで、身体を休ませる時間を与えてくれたっていいじゃないか!ヽ(`Д´)ノ
「お前はゆっくりしちゃいけないと導かれてるんだから、諦めなさい」と家族に言われました。
そんな人生嫌です。私だってたまには自分の時間をもって、ゆっくりしたいです。
その為には、もう旅行に行くしか方法がありません。
いつか絶対飛び出してやるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です