日記

JC会議と築地

おはようございます。副住です。
すみませんでした。連日更新が滞っておりました。
自分では、一日更新してなかった程度に思っていたのですが、
今見てみたら、二日も更新してなかったなんて・・・
これだけ、数年間ブログを更新していると・・・
・・・というか、更新し続けられる理由は、おそらく
それほどブログ更新を気にかけてないからなのです。
意識的に更新しなければ!と思うと、続きません。
私の場合、もはや無意識的に近い習慣にブログの更新がなってしまってます。
さてさて、更新しなかった、この二日間の出来事を綴っておきます。
一応、反省というか、言い訳というか。
一昨日(11日)は、夜に比企青年会議所の会議が予定されてました。
この会議は、来年の私たちの年間事業を揉み込む会議で、毎年、この時期に行われるもので、
一番大切となる会議なのです。ですから、時間がとても長い。
11日は、夜の19時半から会議を開始し、深夜の2時に会議が終わりました。
ガチの会議です。約7時間近くの会議で、途中休憩は5分を2回程度しか入れませんでした。
来年の事業をすべて決めていく会議のため、議案数が多いのです。だから長い。
ジュースを飲んだり、お菓子を食べながら会議をしますが、遊びの会議ではありません。
きちんと、それなりの意見を出し、話合っての会議です。
私が言うのも変ですが、築地本願寺でのとある会議とか、お坊さんが集う会議とか
あるいは、他の機関(刑務所)とかのよりも中身は濃いです。
おそらく、一般的にも会議の中身は濃い方なのだろうと思います。
なぜ、会議の中身が濃くなるかといえば、以下に綴る理由があるのです。
JC(←青年会議所のこと)では毎回、数日前に会議で話し合いがなされる議案がメールにて届けられます。
それを事前に読み込んで確認を行ったうえで、会議に臨むのです。
そうすることで、時間短縮にもなるし、会議の中身がしっかりとしたものとなるのです。
(ある意味、当然のことです)
資料を読み込んで、さらには各自が主体的に議案と向き合い、理事長の方向性と合致しているのか?などを
チェックするため、中身が濃くなるのです。
(時として、「そんなこと言ったって、どうにもならないじゃん」という意見もでることあります)
しかし、11日の会議では、議案が多すぎて全てが整わなかったようで、当日を迎え(0時過ぎ)メール配信で届けられました。
ただでさえ議案数が多いのに、当日配信ですから、厳しいものです。私は朝から議案を読み込むことに。
11日は、平日だったのですが、西照寺にてご法事が2件勤まったので、その議案の読み込みとご法事とで忙しなかったのです。
(結果的に、外出する予定がなかったのが幸いしました。議案読めたから)
ようやく、すべての議案に目を通したのが、17時頃。
それから、用意をして会議に臨みました。
会議を終え、帰宅し就寝したのが、3時過ぎ。
12日は5時すぎに起床だったので、2時間弱の睡眠。
私は寝ないとダメなタイプなので、12日がきつかったです。
12日は、築地本願寺にて、「連研の為の研究会」という研修会が行われました。
朝から用意し、ボーとしたまま、諸用事を済ませ、築地に出勤してきました。
私は主幹という立場で、会議に参加をさせていただく必要があったのです。
研修会では、思わぬ気づきもあったので、それは明日のブログに綴りますが、
研修会を終えて、さすがに疲れていたので、帰りは新幹線を利用し熊谷まで向かいました。
寝不足が原因でしょうね。電車を確認しないで、飛び乗ってしまった結果、その新幹線は
熊谷駅を止まらない新幹線で、結果、大宮駅を出発してから、アナウンスが聞こえてきて
「次は高崎に止まります」というのです。
私は猛烈な睡魔に襲われていた最中でしたが、そのアナウンスを聞いて覚醒し、
思わず「うそ~」と言ってしまいました。
周りの人が、チラ見してきましたが、「ふざけんな!」とか言ってしまいました。
もちろん、熊谷に止まらないことに対して「ふざけんな」と言ったのですが、
今から思えば、チラ見した人からすれば、「こいつヤバイ」と思われたかもしれません。
そんなわけで、高崎駅に行って、駅の構内のお店で「水沢うどん」のお土産を買って
上りの新幹線を40分も待って熊谷まで向かいました。
そんな二日を過ごしており、ブログを更新したのかどうかも覚えておりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です