日記

個別のお墓の大切さ。

おはようございます。副住です。
お彼岸のお中日は、天気が天気が良くないらしく
昨日のお参りがとても多くありました。
やはり、お墓参りは日本人の心だと思います。
何となくでも構いません。行うことに意味があるのだ
と私は思います。もちろん、行うことを続けることで
意味なんて、後からついてくるものです。
難しいことは今はいいません。
でも日本人として成熟していく過程に、とっても大事な
要素となります。
お墓参りをしないで、日本人としての心を語ることは
なかなか出来ないだろうと思うのです。
私の中では、お墓参りは日本人の文化を形成する
一つの要素。これは今でも通じています。
日本人のサービスは良い!などと世界中から注目
されていると言われますが、これこそ、日本人としての
文化。ここにお墓参りも当然通じています。
ここが崩壊してきたら、おそらく日本人としての心
日本文化の核心も崩壊に一歩近づくと思います。
そう考えると、やっぱりお墓は大事。
できれば個別の。これまでは家という個別のお墓でしたが
家が崩壊しつつある現代では、個人のお墓でもいいのかも
しれません。でも、本当にいいのは、家のお墓。
知らないご先祖様まで意識するようになるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です