日記

日本的な何か

おはようございます。副住です。
私は、稀に日常生活の中でも、
ふとした瞬間に周りから見たら可笑しな
行動をとっていることがあるようです。
小さなことですが。
以前、大学院生だった頃、
後輩と一緒に歩いていた時に言われたことがあります。
「網代さんって、やっぱり普通じゃないですよね。
変わってますよ。大学院行く人って変わってる人なんですよね」です。
(因みにその後輩も、何故か大学院に進学してきましたが)
なんでそんなことを言われたかと言うと、
私は歩道を歩いている時、一直線に歩くようです。
そこで、大きな交差点に差し掛かった時、
横断歩道が少し進行方向左側奥に入っていますが、
私は横断歩道までいかずに、そのまま一直線に渡っていたようなのです。
普通の人でもそうすると思うのですが、後輩の彼には、変に映ったようです。
因みに横断歩道までいかなかった理由は、
渡ったらどうせ同じ歩道まで戻ってくるからです。
彼いわく「皆は横断歩道を渡っているのに、
なぜ網代さんだけ一人で横断歩道から離れた場所を渡っているのだろう。
目立つし、恥ずかしくないの?」と思ったようです。
因みに、後輩は横断歩道を渡っていたようで、
その時私は一人で孤立して道を渡っていたようです。
(意識してなかったので、全然覚えていない。
後輩から後で言われたことだけ覚えています。
以来、横断歩道を渡るように心掛けています)
このような小さな人と違った行為は誰にでもあるものと思います。
でも、後輩のように、常識という枠からはみ出ること自体を変!
とか、恥ずかしい!と思う人は多いのかもしれません。
それが「日本的な何か」なのかもしれないとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です