日記

親子の相違 

おはようございます。副住です。
先日、スイッチが入っている私は住職と喧嘩?しました。
これまでもずっとそうなのですが、意見が異なるわけです。
親子なので、喧嘩をしても、翌日には元通りになっているの
ですが。
喧嘩?というか、言い合いの原因は、今後の西照寺のあり方
について。
私が提案する意見に対し、悉くつっかかってくるのです。
本当に頭にくるのですが、実はこれが親子ってことなのだと
思います。どこか、息子に任せたくない。自分がやってきたプラ
イドがある。内部的な話では、もう住職は譲っているから!とか
言っておきながら、私が方針を主張すると、「でも」と反論。
住職譲ってるんだったら、住職の話を聞け!そして協力しろ!!
と内心思いながらも、父親の気持ちも理解できるので、住職は
まだ交代しなくてよい!とも思っています。
しかし、言い争いをするので、テンションは下がりますね。
入っていたスイッチをどこにもっていこう?とも思ってしまいま
す。そんな事を思いながらも、入ったスイッチですからOFFにで
きず。住職に反対されるので、実現するかもわからない提案を
未だ書面に落とし込んでいる自分が虚しい状況です。(笑)
それにしても、お寺だけでなく、世襲制の会社であっても
親子の意見はバチバチとぶつかることもあるのだろうなと
思います。
昔から言われているように、やはり雄が二人いてはダメなのです
ね。上手くバランスをとって進めていかないと・・・
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です