日記

秋冬へ

おはようございます。住職です。

西照寺がある東松山市では、9月に入ったと同時に、暑さ加減にも変化を感じています。

もちろん、暑いのですが、一時期の命の危険を感じるような暑さとは違うように思います。

昨日は台風の影響もあったのか、雨も降りましたし、とても蒸していたので、暑さの質の違いを

感じました。そして、今日も今の所(午前6時)同じような感じです。

夏が終わるのは寂しいですが、しかし、今年の夏はコロナの影響で、夏らしくない夏だったと個人的には

感じています。あまり外出もできないし、こどもの夏休は短いし、妻の実家に帰省することもできなかった

し、もちろん海やプールにも行けませんでした。花火もなかったし、お祭りもない。

ただ暑さだけを感じる夏だったので、夏を楽しむことができませんでした。その為、何だか夏らしくない気

持ちになってしまっているのです。だからこそ、夏が終わっていくのが、例年よりも少し寂しい気持ちが

します。

このまま、ちょっと不安な秋冬に突入していくのでしょうが、第三波を心配してしまいますね。

冬を越え来年の春を迎えれば、WITHコロナの日常から1年となるので、少し慣れてくるのでしょうが、

WITHコロナの秋冬を経験した事がないので、ちょっぴり不安があるのです。

秋冬でも、酷くならなければいいんだけど、素人目線で考えると、空気が乾燥する季節こそ、ウイルスは猛

威を振るうようなイメージがあるので、そこが心配なのです。

もっとも、コロナは梅雨でも夏でも関係なかったし、乾燥した条件もあまり関係なさそうな感じもします。

何はともあれ、少し警戒してしまう季節が目前まで迫ってきました。

警戒し過ぎず、警戒する!この位の感覚が大切なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です