日記

暑さ寒さも彼岸まで

こんにちは 住職です。

秋のお彼岸に入りました。しかし、今年の秋のお彼岸は天気が悪いですね。

昨日も雨でしたし、今日も時々雨模様です。

しかし、このような天気でも、朝からお墓参りに多くの方がお越しです。

昨日から、一気に気温も低くなり、冷房が効いている場所だと肌寒さを感じる

ようになりました。あれほど夏は暑かったのに、もう秋ですね。

暑さ寒さも彼岸まで!と言われますが、この言葉だけは、不思議と今でもあってます。

昔と比べると、暑さは猛烈になったし、冬の寒さも厳しくなったように感じます。

私が小学生だった頃は、天気予報で夏の時に最高気温の予想がありましたが、

沖縄よりも低かったのが当たり前だった気がします。その頃、沖縄の最高気温は32度とか33度とかでし

た。だからその頃、確か埼玉の最高気温だって30度前後位だったような記憶があるのです。

神奈川の横須賀に親戚がいるのですが、親戚の家には冷房がなかったでしたもん。冷房なくても大丈夫だっ

た。従妹は冷房に慣れてなくて、車内とかで冷房をいれると寒がっていたことを思い出します。

今から30年前は、まだそんな感じだったと思います。海に近いと、冷房なくて当たり前だったのです。

ですから、最高気温だって30度前後だったはずです。

それが今や、最高気温が沖縄よりも高いのは当然。34度~35度ですからね。

そう考えると、夏の最高気温は、この30年ほどで5度位上がっているんじゃないか?と思うのです。

観測は日陰とのことだから、体感的にはこの温度よりも上でしょう。

また私は、冬の最低気温も厳しくなっているような気がしています。昔は最低気温がマイナスというのは

あまりなかったように記憶してます。あっても、マイナス1~2度くらい。

それが近年だと温度計(機械)の故障なのか、冬の朝(6時とか)に車に乗ると、マイナス4度とか表示

されることがあります。だから、車の窓ガラスが凍る。昔は車の窓ガラスが凍ってることは、あまりなかっ

たです。それが今は連日。

これらは体感ですから予報とは違いますが、体感だからこそ身に染みている感覚なのです。

そう考えると、近年日本は夏は暑くなって、冬は寒くなってるのだと思います。

しかし、お彼岸を目安に温度が変わってくるのは、不思議と昔から同じようです。

今年の夏の暑さは酷かったですが、秋のお彼岸にあわせるかのように、一気に涼しくなりました。

ホッとしてます。でもこれから寒くなるから、寒いのが苦手は私には嫌な季節となっていくのです。

風邪とかインフル、今年は新型コロナもどうなるかわかりませんし、ちょっと不安ですね。

健康維持に頑張りましょう。6月から運動しているので、体力ついてきているはず!

因みに、朝の運動はまだ続けています。最近少し面倒くさく思うようになってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です