日記

2021年 明けまして御目出とう御座います。

2021年 明けまして御目出とう御座います。本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年の西照寺は、長~い思案期を乗り越え、ようやく本格的な活動を開始する年となっています。

2020年はコロナ禍の中、住職は自坊に居る日が圧倒的に増えました。

自坊に居ることが長くなると時間的な余裕が保て、結果的に心身共に落ち着いて思案できる好循環が生まれ

ました。もちろん、時間的な余裕が生まれたということは、何かしらが暇になっているのですが、それを

好機と捉えて、これまでずっと悩んできた方向性について、最終纏めができるようになったのです。

10年近く、煮詰めて煮詰めて、初心に返る!みたいな感じになってしまいました。

2020年は、新型コロナウイルスによって、世界は大変な事になってしまい、変化せざるを得ない事態を迎え

てしまいました。しかし、「禍転じて福となす」と言われるように、私にとっては好転した期間となった

ように感じています。

2020年で纏めることができた西照寺の方向性を、2021年を迎えた本日より、実働に向けて準備をしていきま

す。準備には数か月を要しますが、どの道本年中に、新たな活動を開始することとなりそうです。

西照寺住職 ようやく長い眠りから覚め、実働あるのみ!となりました。

因みに、今日は昨日出来なかった、私の書斎の大掃除を行いました。一日かかりました。

でも、結構整理できました! これで今年の実働に向けた環境は、そこそこ出来上がってきました。

今年は頑張りましょう! コロナの心配は続くでしょうが、気を付けて感染しないように気を付けて

日々を感謝のうちに過ごせるよう心得ていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です