日記

寒波を乗り切る

こんにちは 住職です。

強い寒波の影響なのでしょうか、明け方がとてつもなく寒いです。

私はこの冬、何が原因かわかりませんが、就寝時、例年のような寒さに困ることがありません。

羽毛布団のお陰なのか、6月頃から始めた運動によって、身体の血のめぐりが良くなったからなのか、

不思議と例年の困った感じになりません。例年は、真冬の明け方の寒さで目が覚め、特に足の冷えが深刻で

熟睡を妨げられ、目が覚めても布団から起き上る気力が必要でした。

そんな訳で、ここ数年、色々な工夫をしてきたのです。数年前は、綿毛布だった為、殊更寒く、毛布を5枚

布団の下に入れていました。しかし、布団が1枚と毛布が5枚だと、寝ている時に重いのでしょう。

起床したら身体がドッと疲れているのです。毎日毎日起床すると、疲れがとれているどころか、逆に疲れて

しまっているので、何故だ?と悩んでしまったほどです。そしたら、毛布のかけすぎであることが発覚し、

奮発して数年前、高級な羽毛布団を購入したのです。

また、ある年は、寝る時でも足が寒くて湯たんぽを用意していた年もありました。

湯たんぽは就寝時、冷えた足が暖かくなって、幸せを感じる瞬間でした。毎日寝る前にお湯を沸かして

湯たんぽに入れる作業が面倒になって、2年ほど続けましたが、3年目はやらなくなってしまいました。

また、ある年は電気毛布を利用していました。

就寝時は暖かくて幸せなのですが、点けっぱなしで寝るので、起きると喉が乾燥して居たり、これまた身体

が怠くなったりするのです。健康にはよくなさそうだったので、これまたそのシーズンの冬が終わってから

やめてしまいました。

それが今シーズンは、湯たんぽも電気毛布も不要。もちろん毛布も2枚。(因みに、最強寒波が来た時か

ら1枚増やしました)

今シーズンは、足も暖かい(時に暑すぎて布団から足を出すくらい)し、身体全体も暖かい。

さすがに、最強寒波が来てからは、明け方に寒さを感じていますが、でも布団を整えれば大丈夫。

今朝は久々に猛烈に寒いな!と思いましたが、布団の中では大丈夫でした。

こんな状態であれば、苦手な冬ですが、大丈夫そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です