日記

 「③日本的美意識」幽玄③

おはようございます。住職です。

日本刀を鑑賞すると、一振り一振り異なっており、同一の刀は一振りもありません。

また、刀身は幾層にも分かれて鋼が鍛錬されており、刃紋もそれぞれに違います。

日本刀を真剣に観ていると、その奥深さに「幽玄さ」を感じることができるようになるのではないかと私は

思っています。

また、キラキラとして研ぎ澄まされた刃は、その鋭さから命の危機感を感じるほどの迫力を持っているが故

に、緊張感を抱かせます。

まさに「命がけ」を体感できるものであり、さらには「命がけの精神性」を私達に問いかけるパワーを持っ

ているとも思えます。

日本刀を真剣に鑑賞する!ことは、私達に無言のメッセージを与えてくれるのではなかろうか!?と思いま

す。

まさに、「幽玄」を体感することができる取り組みでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です