日記

ナナフシの赤ちゃん

おはようございます。住職です。

先日、私の書斎への出入り口の扉(外側)で発見しました。

なんだか、わかりますか?  ナナフシの赤ちゃんです。

アップにしている上記写真だと、大きさがわかりづらいので、比べてみました。

私の人差し指の第一関節位の長さしかないのです。小さい。

これから成虫になっていくのでしょうが、さきほどナナフシを調べてみたら、なんと、幼少期に敵に襲われ

たりすると、自ら足を切り離すこともあるらしいです。きっと、敵に足を襲われたりするのかもしれません

ね。幼少期にそれをすると、成長の過程で足は復活していくらしいです。

トカゲの尻尾みたいですね。ピッコロ大魔王の腕みたい。再生できる!

そんなことが引用ウィキペディアにかかれていました。

色々な生物の特質から人間はヒントをもらって、人間の科学力の向上に利用するのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です