日記

健康診断

こんにちは 住職です。

一昨日、私は築地本願寺のお世話で、健康診断を受けさせていただきました。

私が築地(教務所)で働くようになり、40歳を超えてから毎年受けさせてもらってます。

普段は、築地本願寺に検診車が来て、職員一斉に受診するのですが、私の場合は40歳を超えて

いるので、もっと詳しく調べたいと要望したところ、個別で新宿の健診プラザで受診することが

許されました。もちろん、築地の職員で40歳を過ぎており、検診車での診察ができなかった人は

皆、新宿の健診プラザに行くように!との指針があり、私だけが特別!というわけではありません。

今年の健診は、一昨日だったわけです。

受診の日程については、勝手に受診日が決められて資料が送られてくるのです。もし、ダメな場合は日程

変更ができるのです。

私の場合、受診日などの資料が手元に届いたのは、数か月前でした。

資料が届いた時は、何も考えていなかったのですが、その後、日が近づくにつれてコロナ感染者が急増

してきて、東京都に緊急事態宣言が発出されてしまいました。さらに、最悪のタイミングでオリンピックの

交通規制が19日から始まってしまいました。

2019年までは、受付時間に合わせて電車で健診プラザに行ってましたが、昨年はコロナもあったので、車で

行きました。今年は・・・

オリンピックの交通規制がどうなるのか読めず、車で行って受付時間を大幅に過ぎてしまったら大変だ!と

考え、コロナ禍以降、全く乗っていない電車で行くか!?と考えました。

しかし、家族から猛反対。都心に行くのだから、危ない! 健診は延期しなさい!と言われました。

しかし、直前すぎるので延期はNG。 そこで、健診受けるため、バカバカしいのですが、車で行ってホテ

ルに前泊することにしたのです。コロナ対策として、車で行く! オリンピックに伴う渋滞対策として、ホ

テルに前泊!と 二つの対策をすることとなりました。

お金が勿体ないので、ホテルは安い所を探そうとネットで調べてたら、驚きました。

全て安い! 緊急事態宣言で宿泊する人がいないのでしょうね。

通常であれば、ほぼオリンピック期間だから、満室で宿泊する場所を探すことも難しい状況だったはず。

だからこそ、この時期のホテルは割高だって良いはずなのです。

オリンピックを当て込んで建てられたホテルだって沢山あるはずです。

それなのに、全くの想定外。宿泊する人がいないのでしょう。ホテルが激安でした。

私が宿泊したホテルは、東新宿のリブマックスというホテル。一泊4千円以下でした。

さらに、コインパーキングを探して24時間2200円とのパーキングを見つけたので、そこに停めました

。面白いですね。人が泊るのと、駐車場代があまり変わらないなんて。。。

他のコインパーキングは、12時間最大1600?円とかあったので、そこに停めたら3000円近くかか

っていたはずだし。

健診の最後に、バリウムを飲むのですが、昨年からバリウム飲むのが辛くて。

バリウム飲んで、胃の撮影するのですが、何がキツイって、バリウム飲んでしばらくすると、頭が痛くなる

のです。それは去年から感じたことです。

バリウム飲んで、検査を終え、下剤と水を沢山飲むように言われます。バリウムを輩出する為です。

私の場合、この下剤が効きすぎて、帰宅してから翌朝まで6回ほどトイレに駆け込むことになりました。

それでも、まだバリウムは残っているのですね。

バリウムが体内に残っていると、どうも頭痛が続き、体調が悪いのです。去年も同じでした。

今年は一昨日一日調子が悪く、昨日も若干、本調子ではなかったです。

そして、ようやく本日、いつも通りの体調に快復しました。

バリウム効果って、恐ろしいですね。来年はバリウム飲まなくていいやつにできないかな!?と

思ってます。そんな事もあり、昨日一昨日と運動できず仕舞いでした。今朝はやりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です