日記

感染症の恐ろしさ

おはようございます。住職です。

それにしても、新型コロナウイルスのオミクロン型なのでしょうか?

爆発的な感染者の増加に、驚かされます。

昨年末、感染者数が減少し、落ち着きを見せていたので、私も気が抜けてしまいました。

昨年の11月下旬から、東京への出勤もある程度安心できる状況でしたし、会食も制限が解除されたし

昨年末は、久しぶりにコロナ前のように大勢の人との会食もできました。宿泊もしたし。

それが半月も経たないうちに、一気に感染者数が爆発的に増えてしまい、状況は一変してしまいました。

私も、昨年末の27日を最後に、家族以外の人との会食はしていません。

年末年始の動きで、感染者が増えていくだろう!との予測もあったし、27日直前には大阪でオミクロンの

市中感染が判明しました。そこら辺から私も警戒感を持ちはじめ、都会に出歩くことと、会食などは控え

るようにしています。

しかし、そうは言っても、一度警戒感が緩んでしまったことで、若干、これまでみたいな高い意識を持ちな

おすことは、やはり大変ですね。

さらに、これだけ一気に感染者が増加すると、自分も感染するのは時間の問題かも!?と、感染が身近に感

じられてしまいます。

オミクロンは重症化しづらそう!との報を聞けば、どこか、気が抜けてしまう部分も正直あるのです。

ここが大問題なのですが。

さらに、まだよく分かっていないといわれるオミクロンの「重症化しづらい!」との断片的な情報によって

引き起こされる変な安心感によって、再び日本経済にブレーキをかけるような方向はどうなんだろう!?と

も考えてしまいます。

正直、今回は正念場なのかもしれません。

コロナが蔓延し始めた当初、感染症の流行は少なくても3年間は治まらない!と言われていました。

そうなると、2020年早々からコロナが始まったとして、ようやく丸2年です。

少なくとも、あと丸1年あることになります。

現代の人類は、科学や医学の進歩という、非常に大きな武器を手に入れ、この2年で随分ウイルスと戦える

ような状況まで持ってこられました。しかし、それでもまだ感染を封じ込められていません。

そう考えると、あと丸1年ほどは、影響を被ることもあり得るのかもしれません。

ここまでの丸2年は、本当に長かったです。それでもまだあと1年、もうもたないですよね。こんなの。

泣き言となってしまいました。感染症は生活事態を変えてしまうくらい強烈だから、本当に怖いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です