日記

風呂敷 茶器の箱 巻物の紐の結び方

おはようございます。住職です。

唐突ですが、今朝、ふと風呂敷の結び方が気になったので、ネットで調べました。

すると、風呂敷の結び方を教えてくれる動画(youtube)が沢山あがっています。

結び方などを調べる際、私のこれまでのイメージだと、絵に解説がプラスされていて、

結局、よく判らないこともあったので、あまり調べることをしませんでした。

しかし、今朝調べてみると、動画で紹介されているのです。

見てみると、非常にわかりやすい!

しかも、知らない結び方なども動画で紹介されていて、非常に勉強になりました。

そんな事もあって、現代社会はとても便利で、インターネットを使えば、手軽に情報が入手できる

ことを痛感させられました。

風呂敷の結び方の動画が、とても判りやすかったので、これまで正式にはしらなかった、茶器の箱の

紐の結び方や、巻物の最後の紐の結び方なども、検索してみました。

そしたら、動画があるわあるわ! 素晴らしい!と、心の中で叫んでしまいました。感動です。

風呂敷や茶器、巻物などは、現代社会ではあまり馴染みがありません。

私は40代半ばですが、私の年代であっても、茶道でも嗜んでいなければ、あまり使わない物ばかりです。

もっとも、西照寺はお寺なので、巻物や茶器もありますが、私はあまり扱いません。

しかし、40歳頃に、私の環境が急激に変化した中で、扱わないとダメになったのです。

これまで、見様見真似で結んでいましたが、今朝、動画をみることで正式な結び方を覚えました。

馴染みが出てくると、不思議と覚えますね。興味もでます。そして、結び方も簡単。

特に風呂敷の結び方は、さまざまあって、一枚の布なのに、色々な包み方ができ、しかも包み方に応じた

結び方まであるのです。昔の日本人は、きっと風呂敷で色々な物を包んでいたのでしょうね。

その中から、必要に応じて、新たな結び方や包み方が工夫されてきたのだと思わされました。

そう考えると、日本人って、色々な状況に適応しながら生きてきた、生命力みたいなものを感じました。

凄いな!と、思わされました。工夫する生き方って、大事ですね。 勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です