日記

就寝時の冷え 寒さ対策 解決策

おはようございます。住職です。

今日から2月ですね。今年は厳しい寒さが続きますが、今月までは寒い月でしょうね。

あくまで私の中の仮説ですが、1月も寒いんだけど、2月がピークなんじゃないだろうか説があります。

私の中での勝手な説です。これは学生時代から持っている私の感覚からくる説なのですが、私は未だに

2月が一番寒い月!と思っているのです。だから、寒さの本番は今月なのです。私の中で。

ですから今月を乗り切らないといけないわけです。特に朝のウォーキングが問題なのです。

寒いので体調管理に気を付けながら、特に冷気を吸い込んで再発する咳喘息を警戒しながら、しかし

できるだけ毎朝続けたい!というシーソーゲームみたな綱渡り状態の日々が続くのです。

ウォーキングを辞めてしまうことは簡単なのですが、折角ここまでやってきてるし、体調面でも身体を

動かした方が良い!という事が体感としてあります。

特に、最近は就寝時に変化を感じています。運動をすることで、身体が疲れて寝れることもあるのですが

、最近妻と話していて、自分なりに納得したことがあるのです。

それは、夜中でも寒くなくなっている!という事です。言い方を変えれば、寒さに強くなった気がする!と

いう事です。以前は、寒いのが苦手で、就寝時も寒さで起きる!という状態が続いてました。何年も。

それで、寝具を購入したり、厚手のパジャマを着たり、工夫していました。また、足先が強烈に寒いので

湯たんぽが欠かせなかった時期もあります。電気毛布をして就寝していた時もあります。

しかし、一昨年の6月頃からウォーキングを始めて、今に至って思うことは、就寝時、寒くなくなったので

す。むしろ、暑いと思うくらい。妻は「寒くて、起きちゃう」と言うのですが、私は全くそのような事が

なくなったのです。夫婦で話していて「きっと運動による効果だ」と纏まったのです。

足先も寒さもなくなりました。これまでの就寝時の悩みが全くなくなっているのです。

たぶんウォーキングをしているからだと思います。

だから、今は主にダイエット目的だったウォーキングが、健康管理としての目的に変わりつつある

のです。やっぱり適度な運動は人間生活にとって、とても大事なことなのだと思わされています。

私はスポーツすることは好きでしたが、この年になると、なかなかスポーツで楽しむことをしなくなります

。学生時代に素人フットサルをしたり、テニスをやってみたりしていましたが、最近はやってません。

一人でできる楽めるスポーツなんて思いつかないし、一人でできる運動となると、どれも自分との戦いに

なってしまうので、好きではないのです。マラソンや、ウォーキング、筋トレや水泳など。

何か、どれも自分との戦いじゃないですか。私、自分と戦うの好きではないんですよね。

でも、あえて自分と戦おう!と思えば、それなりに戦うのです。戦おうと決めれば、やるのです。

勉強もそうだし、今のウォーキングも。

自分と戦うことは好きではないけど、戦って自分に打ち勝っていかないと、前に進めないことも確かなので

す。それをわかっているから、私はウォーキングを継続することに拘っているのです。

敢えて、ダイエットとか健康維持とか理由をつけて、自分を納得させているだけなのです。

本当に、こんな事言って、自分を納得させないと、やってられないです。自分との戦いなんて。

ただし、ウォーキングの結果として、就寝時の寒さ問題という、これまでの悩みは、嘘のように全て

改善されました。これは体験したことなので、正直に言えます。運動こそが、就寝の問題を改善させる

一つの方法です! 特に冷えに関しては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です