日記

電話の良さ

こんにちは 住職です。

最近は日々、忙しなくできています。一昨日の訃報によって、メンタル的に大きなダメージを受けましたが

何とか前を向けています。特に、昨日などは朝からドンヨリした気分でしたが、気付けば諸連絡などに追わ

れ、一日を終えることとなりました。我ながら感じたことは、自分一人で抱えていたら、とても抜け出すこ

とができないような喪失感も、色々な人と連絡することや、追われることで、何となく落ち着いてくること

ができたのです。不思議なことだな。と体感から思えています。

その構造がよくわからないのですが、他人と話すことで、落ち着いてくる部分ってあるのかもしれませんね

。昨日の話しの内容は、主に諸連絡だけです。それでも、気持ちが落ち着いてくるのですから、不思議です

ようやく、今は少し前を向けつつあり、一昨日のショックから抜け出せつつあります。

私は電話って、あまり好きではないので、これまでは、ついついメールやラインを多用していました。

しかし、声が聞けないで文字だけの情報伝達は、むしろ淡白すぎるのかもしれませんね。

しかも、文字は全てを伝えません。勘違いもおこるし、誤釈も起きます。

そういう意味でも、電話での声のトーンによる感情が入り込んだ伝達方法の方が、勘違いも、誤釈も少なく

なるように思います。もし、勘違いしたとしても、すぐに訂正できるし。

今後は、電話も取り入れてみようかな。と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です