日記

運も実力のうち       岸田総理 大丈夫?

おはようございます。住職です。

昨日は築地本願寺に出勤してきました。

高速代が高いので、電車で行ってきました。

7月に築地に出勤してから、コロナになったので、おそらく東京で感染したと思っているのですが、

それが嫌で、電車や東京に行くのを控えていたのですが、上職の人事異動もあり、行かざるを得ず、勇気を

だして行ってきました(笑)

コロナに何度も感染すると、死亡リスクが増えるとの報道もあったので、何度も感染したくないのです。

さて、そんな中、岸田総理大臣が記者会見されてましたね。

少しだけチラ見程度だったのですが、旧統一教会と自民党の今後の関係断絶。

安倍元総理の国葬について、原発について、などなど、記者さんの質問などもありました。

支持率が下がったから、記者会見せざるを得ない感じなのかもしれませんね。

何せ、旧統一教会との問題は、総理の動きが鈍かったし、問題は大きくなる一方だし、支持率に

直結したのだろうと、私は勝手に推測してます。

国葬は決めたのが超絶早かったけど、多くの国民が反対するという結果に。

聞く力!とか言ってたのに、国民の気持ちは聞けないようです。

総理がこのような感じなのですから、他人の気持ちを聞くというのは、相当大変なのだと思います。

思えば、他人の気持ちに寄り添うとか、心を察するなど、他人を慮ることはありますが、

それって、本当に難しい技術、あるいは難しい感性、だと思うのです。

現代の日本人が、ドンドン失ってきている能力じゃないかと思います。

昔(数代前の先祖の時)は、もしかしたら、きっと今よりはできていたんじゃないかと推測します。

私も、聞いたふりや、寄り添ったつもりにはなるんだけど。本当に聞けたのか?というと難しいですね。

そう考えると、堂々と聞く力がある!などと言わなかった方が良かったのかもしれませんね。

もちろん、ご自身の特徴を知ってもらう為のフレーズだったとは思いますが、立派な言葉だった

だけに、このように国民に寄り添えていないと思える行動があると、一気に支持率が下がって

しまいます。もちろん、岸田総理が、国民の気持ちに寄り添った実績をきちんと作っていたら

多少、国民の気持ちに寄り添えなかったことがあったとしても、一気に支持率が下がることは

ないのでしょうが、まだ何も実績つくってないのに、上記二つの問題を抱えてしまったわけですから

一気に信頼が下がってしまったのだと思います。

こうなってしまったら、難しいですね。

安倍元総理の国葬は、あれだけ早い決断をしたのです。勝手な私の推論ですが、はっきりしない岸田総理に

とっては、凄い!と思いました。

もしかしたら、その背景に岸田総理が「国民も賛同してくれるに違いない!」と思っていたとしたら、

これまた、今となっては賛同よりも反対する国民が多いようですから、残念ながら、岸田総理の先を読む力

だったり、直観力だったりは、あまりないのかもしれませんね。

トップに立つリーダーは、先がわからない場合でも、結果論として、好転した結果になる。いわゆる運がい

い力を持っているように思うのです。そんな特殊能力を持っているからリーダーなんだと思うのです。

そういった意味では、今の所、岸田総理は持ってないような予感もしてますね。

まだわからないけど。

私にも、そんな能力があったらいいんだけど。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です