日記

名著と出あう

おはようございます。住職です。

今月は、私の時間が結構とれそうなので、読書を進めたいと思っています。

築地本願寺に出勤する日が何度かありますが、電車での通勤にするつもりなので、読書ができます。

名著と出会うと、大きな気づきにも繋がり、考え方などが深まります。

今回は、私の興味ある分野での名著と出会ったことで、改めて、私の考え方の広がり、あるいは深みがもた

らされているのです。心から「そうだったのか!」と納得できると興奮します。刺激的。

読書は基本的には嫌いなのですが、このような知的好奇心を刺激されると、熱くなってしまうし、興奮する

ので、このような部分はとても大事。私は熱っぽい性格なので、感情が高ぶってくるのです。

因みに今、私は個人的な仕事に取り掛かっているのですが、このような知的好奇心や考え方の深まりは、

そちらの方で活かすことができるのです。

読書をすることで、知的好奇心や自分の考え方の深まりがあれば、それはそれだけでも十分良いのです。

しかし、もしも得たものが何かに活かす事ができるのであれば、もっと良いと思ってしまうのです。

今回の私の読書は、奇遇にもそっちのようなので、かなり刺激的に受け止めています。

このような心境のど真ん中に居ながらも、やっぱり読書は嫌い。猛烈に楽しいんだけど、読むのって大変。

私は幼少期から読書をしてこなかったし、真剣に本を読むようになったのは、大学時代から。

さらに、本は専門書。それなので、本の流し読みができないのです。

一行一行ちゃんと理解して読み進めないと嫌なんです。読んだ気にならないのです。

だから疲れてしまう。今読んでいる本も、一行一行確認しながら、しっかり読んでいます。

内容が簡単な本であれば、それでも早くは読めるし、一日で読み進められる頁数も多くなりますが、

今読んでいる本は、専門書ではないけれど、知らない事が綴ってあるので、都度、ネットで意味を調べなが

ら納得しながら読み進めているのです。

例えばですが、「儒教」とでてくると、儒教って何だ?となってしまうのですね。

もちろん、お寺なので儒教については、知っていますが、詳しい内容までは知りません。

朱子学や陽明学の違いなども、あまり分かっていません。

こうなると、儒教って何だ?となってきて、一々それを調べないといけないのです。

こうなると大変。だいたいのところで調べも終えておきますが、時間がかかるし、読書が前にすすまない。

こんな状態になるので、一日で読み進められる頁数は、せいぜい50頁ほど。4~5時間ほどかかる。

今は学者的な生活をしていないので、適度に頭が疲れてしまうのです。

こんな読書をしているものですから、なかなか大変なのですね。

その代わり、一度熟読した本ですから、あの本に書いてあったな!と後からでも思い出すことができます。

これは熟読した甲斐がある部分。流し読みだと、たぶんそんな事も覚えていないでしょうから。

それにしても、人間って成長環境によって変わるものだとつくづく思います。

私は読書嫌いを公言していて、本など興味もなかったタイプでした。成人するまでそんな感じでした。

それが20代後半から今に至るまでに、専門書を含めてですが、私の書斎にはもはや1000冊ではきかない

んじゃないか?と思えるほどの本があります。もう残念ながら、本棚に収納しきれない状態。

私の書斎は、この建物の設計段階から、窓以外本棚にしてください!とお願いし、実現されているのです。

しかも、本を前後におけるように、棚の奥行を深くしてもらっているのです。

書斎ができてから、今に至るまで15年近く。とうとう埋まってしまうこととなりました。

今では、狭い棚の部分を写真にとるとこんな感じなのです。前中後と三列にしています。入らないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です