日記

3.11

皆様 こんにちわ 西照寺の住職でございます。
昨年、東日本大震災が起こった日より一年を迎えました。
お寺では、2時46分に合わせ副住と共に黙祷。お参りをしました。
前代未聞の大災害で、私の人生の中でも衝撃的な事柄であります。
心に深く刻まれたショック、悲しみは言葉では表現できません。
この時代に生きた者として、悲しみを心で共有しながら、共に生きてまいりましょう。
本日は、朝からお墓参りが多かったのです。
もしかしたら皆さん、ちょうど震災より一年たったこの日に
家族とともに、ご先祖を偲びながら 命の大切さを深考されたのかもしれません。
3.11をご縁として、ご先祖、家族、周りの方々との大切な繋がりを再考し、大切にしていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です