日記

「自殺した途端に「イイ人」に改める報道への違和感」に賛同

こんにちは 副住です。
笹井氏のマスメディアの件に関して、まさに同感の記事がありました。
フリーライターの方のようです。
自殺した途端に「イイ人」に改める報道への違和感
多くの方も同じように思っているのですね。
だからこそマスコミも、もっと取り合える視点の方向性にバラつきがあってもいいように思います。
そうならないかな。
集団的自衛権の問題にしても、理解しようと思う部分もあるけれど、当然不安要素を多く含んでいます。
ここに関しては、マスメディアも危険性を報じているので、政府の抑止力となっているように感じます。
しかし、仮に日本が危険な方向に進みそうな時に、政府とマスコミが一斉に同じ方向性を向きだしたとしたら
とても怖いことだと思います。
だからこそ、私たちは自分の考え方をしっかりと持ち、時としてマスコミにも立ち向かえるような力強さも必要だろうと思います。
さて、マスコミについての話は数日取り上げているので、今日で終わりとします。
最近、今までと違い、当ブログで熱弁長文を展開しておりますが、ご勘弁ください。
(数日前のブログ記事に関して、読者の方よりお便りをいただいたこともあって、少し真面目に自分の考えを綴ってみようかと思い続けています)
今後は、時には意見を展開し、時には日常の出来事を綴ったりしていこうと思ってます。
一宗教者としての意見を大事にしながら発信していこうと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です