日記

教誨師大会

こんばんは 副住です。
今年の6月に埼玉県で連区の教誨師大会が開催されます。
それに向けて、埼玉県の教誨師(30数名)一致団結して企画・実行しないといけないため、
各部門を設置し、部門会議や全体会議をこの一年をかけてすすめてきました。
いよいよ大会が迫ってきた中、本日第5回目の全体会議が川越少年刑務所にて行われました。
ここまで、それぞれの部門で煮詰めてきた内容や、議案を決議しながら、全体確認をすすめていきました。
細かい部分は、まだ詰めなければなりませんが、大きな流れは見えてきました。
私は初めてのホスト大会となるので、諸先輩から、よく「見ておくように」と言われています。
(川越少年刑務所の教誨師では、私が一番若手ですので、いずれ再度大会のホストとなった場合のことを見越して、よく見ておけと言われているのです)
(とても嫌です。責任重大だし、でも次回には忘れていそうだし)
そんなこんなで、他人事ではなく、流れを把握しておくことに努めています。
それにしても、今日も長い会議でした。
そもそも午前中に築地本願寺で、講座を終え、そのまま川越に移動し、昼食をとるまもなく会議・・・
しかも、先日まで連日で夜はJCの会議。昼間も組の会議や色々とあって さすがに心身ともに疲れ果ててます。
しかし、3月8日まではすべて予定が埋まっているので、正直凹んでます。
笑い事ではないのですが、何だかお尻が痛くなってきたような気がします。
疲れると、体の弱い部分にでるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です