日記

教誨という現場

おはようございます。副住です。
昨日は午後から川越少年刑務所において教誨がありました。
集合教誨と、その後、個人教誨×2
通例の業務とは気を使う部分が異なるので、非常に疲れます。
それにしても、本当に教誨の現場では勉強させていただいてます。
被収容者と1対1で話せることは、通常できません。
そこでの会話の生々しさ、刑務所の現場にいるからこそ言える悩みや
反省などなど、宗教者としては、本当に考えさせられるのです。
これが人間なんです。色々あります。
昨日は長時間に亘っての教誨でしたので、とても疲れました。
これまでの疲れもあるのでしょうが、あまりに疲れていたので
22時には就寝してしまいました。
睡眠はとれていますが、どこか疲れが抜けていないように感じています。
これが齢というやつなのだろうか!?と心底思ってます。
こんな真剣に感じたことは、これまで無かったですね。
今日は、築地で会議があるので、出勤です。
でも、今日の会議は大事は大事ですが、私の負担が多い
会議ではないので、気は楽です。移動があるし、身体は疲れるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です