日記

大事なのは主体的に物事を考える習慣

こんにちは 副住です。
私は大学で勉強をするようになって以降、
今でも何か物事を進める時でも、
最初に「なんでそれをやるの?」と考えて、
自分が納得してから始めます。
つまり「目的」をしっかりと明確化することを
大切にしているのです。
もちろん、目的だけが大切なのではありません。
「なんでそれをやるの?」ということと繋がって、
「それをやることになった経緯」も踏まえないといけなく
なります。(JC(青年会議所)で議案をつくる際には、
それを「背景」と呼んでいますが)それらが出来上がったら、
実践となっていきます。
そこには方法論を考えたり、戦略がでてくるのでしょう。 
しかし、ここでも一番大事な点は、「私がそれをやりたいかどうか」。
つまり「私が取り組みに納得できるかどうか」なのです。
時にやらされている仕事もある場合があります。
どうしてもやならいといけないという意味です。
しかし、そんな時でも、自分がそこに納得していく!
その気持ちにもっていくことで、本当はやらされている
仕事なんだけど、主体的になっていけます。
私は常に主体的に物事を考える習慣が身についているのが特徴
だと思います。もう一点は、他の人から言われることですが、
とても論理的だそうです。
(もっとも、宗教家としての私には、論理的という言葉は誉め言葉
と受け取れません。
おそらく宗教は論理も大事ですが、もう一方で感性が大事だから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です