日記

宴席

こんにちは 副住です。
昨日から気温がグッと下がったように
感じます。寒さが増しましたね。
12月に入って、私は結構忙しなくなっております。
10月頃は、12月の予定はあまり入ってなかったので
12月が来るのを、楽しみにしていたのですが、気づいたら
結構予定があるのです。
時期的なこともあり、教務所(築地関係)関係で宴席も多く予定
されております。
私は夜は早く自宅に帰りたいタイプだし、
あまりお酒も好きではありません。
お付き合いという点から言えば、付き合いが悪いタイプなのだと
自認しています。
しかし、世俗的には、それではダメですね。
ほどほどが大切なのです。それは自覚しているつもりです。
でもほどほどではなく、真っ先に帰ってしまうし、飲みにも
あまり行きません。
だから今月は「ほどほど」を大切にしないといけないと、頭で
は理解できてはいるのです。気持ちがついてこれるか?が問題
ですが。
理想を言えば、宴会が多い今月は、できれば場の雰囲気を崩さず
にソフトドリンクで乗り切り、よもや一次会で失礼する!という
のが理想形なのです。
しかし、それが許されない時が多々あるので、それが一番悩まし
い問題ですね。
稀に失敗するケースもあり、その場合は3次会まで突入し、帰り
が終電となる場合もあります。
これまでの人生で、何度も失敗を繰り返してきました。
(ここで言う失敗というのは、一次会で帰ることを拒否され、
捕まってしまう!というケースです)
お酒が好きでなくても、宴席に声をかけてくださるだけ、
有り難いのかもしれません。全く声がかからないと、それは
それで寂しいものなのかもしれません。
それは思うのですが、やっぱり帰りたいものは帰りたい。
どうしてこのように思うのでしょうか?それが最大の謎な
のです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です