日記

一抹の不安

おはようございます。住職です。

今日は日曜日。お彼岸の最中です。この三連休に、西照寺には多くのお墓参りの皆様が来てくださいました

。大法要への参列は控えていただくようにご依頼をし、皆様のご協力のもと、無事に終えることができまし

た。それぞれ皆様各自が警戒され、しかしながらパニックのような状態でもなく、ここまでは来ています。

先日の19日の政府専門家会議の情報を踏まえ、何やらTVの報道でも、活動を再開し始めている施設が多く

なってきたみたいですね。そりゃそうでしょうね。いつまでも、自粛できないし。

ただ、K-1のイベントだけが気になる。格闘団体?K-1というのがあるのですが、数年前は大晦日にTVで

盛り上がっていたものなのですが、どうも近日なのか?さいたまスーパーアリーナで1万人規模のイベント

をやるのだそうです。政府や埼玉県からも自粛の依頼を受けているにも関わらず。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6354800

アリーナだし、1万人規模となるような情報もあるし、全国から人が来るだろうし、クラスターの条件は整

いますよね。さらに、若い人が多そうだし、私には不安の方が大きいです。

もっとも、開催日程を私は知らないのですが、ニュースになるようなことだから、近日なのだろうと

思うのです。もしクラスターでもでたら、埼玉は大変なことになるかもしれません。

何となく、今の私の率直な感想は、いきなり、そこまでのイベントは、まだ早いんじゃない!?

小規模イベントの様子をみて、感染拡大予防やクラスター阻止の対策など経験値が積みあがってきたら、

それらを真似てから、大型イベントを開催した方が、順番的には正当な気がします。

万一、感染が拡がれば、K-1だけでは責任とれないでしょ。それこそ、今後のイベント再開の流れは全

て吹き飛びます。今は着実な社会生活の前進が求められている時期なのだから、賭けみたいな発想はやめる

べきだと私は思います。

着実な社会生活の前進とは、小さな経験値の積み上げだと思います。その理由は、小規模イベントでもし感

染拡大があったとしても影響が限られるでしょう。だからこそ一つがダメだったとしても、それがそのまま

全国で前を向こうとする意思を打ち砕くことには繋がらないと思うからです。

でも、全国規模の大きなイベントを強行し、万一失敗したら、全国の前を向きたい人々の想いを打ち

砕いてしまい、自粛の雰囲気は長期間に及ぶようになってしまうと私は思います。

それに、もしK-1が感染者を出さずに成功したとしても、それがそのまま全国規模のイベント再開の号砲

になるとは、私にはちょっと思えないのです。そこまで万全の対策が今とれるのでしょうか?

それができていれば世界の現況はこうなっていないでしょう。

もっとも、私の予想など覆っていきますから、所詮は個人のたわごとなのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です