日記

ダラダラと・・・

こんにちは 住職です。

ついに、今日から新年度ですね。学校も新学期。それぞれ一年の始まりです。

新生活の幕開けではあるので、希望とドキドキ感を抱ける時期です。

残念ながら、今年はコロナの影響で、不安感が高まっている状況なだけに、例年とは

違う雰囲気となってしまっていますね。

私は一昨日と昨日と築地に行ってきましたが、人が少ない所は少ないけど、いる場所には普通にいますね。

自粛といっても、皆さんの事情がそれぞれ違うし、これが現状の環境なのですから、仕方ないですね。

コロナ感染も拡がるでしょう。私も諦めました(ウイルスが収まっていくことを)。

自粛自粛といっても、出る人は出る!

強制力がある法律もないようですし、このまま事態は深刻化していくのでしょうか。

私は可能な限りの自粛をしますが、周りの環境がこれだと、もう止められないと思います。

どの道、近隣でも感染者が確認され、ついには自粛していても、感染する!のかもしれません。

ただ、自分も含め、重症化して大切な人を亡くしてしまう!という方向にいってほしくないのです。

でも、周りがこの状況だと、個人的希望で終わることとなるかもしれません。

私達家族だって、自粛はしますが、感染しないわけでもないでしょう。

このような感染症が流行する時の社会って難しいですね。人権や主権があるし、それを公的強制力で

押さえつけるのは問題という意味もわかります。間違った力が働く場合があれば、当然警戒しますね。

ただ、今日のような感染症を拡げないよう注視する時、強制力ないと、収拾がつかない。

そんな現況を今、痛感させられてます。きっと、年齢問わず致死率が高い感染症であれば、

皆、命の危険を感じるので、警戒心が強くなるのでしょうが、今回のウイルスは、8割ほどの

人が軽症状といわれるので、警戒感が薄くなるのでしょう。

結果として甘くみるので、逆に条件が整ってしまうと致死率が高くなる可能性がありますね。

経済も悪くなるし、何だか今の状況って、ダラダラな感じで締まりがなく、私的には好きではない状況です

。短期間で通常に戻すつもりで、やるならやる! これが私の理想でした。もし上手くできれば、傷は浅く

済んだでしょう。やるのであれば、1月末にはやっていなければいけませんでした。今更遅いです。

長期間、続くんだろうなぁ。それで経済もかなり疲弊し、元通りには戻らない。

この危機をどのように乗り越え、先に待っている難局をしのいでいけるか。ここが大変重要です。

変革の時かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です