日記

想定しておくことも大事か。

おはようございます。住職です。

ついに、東松山市で新型コロナウイルス感染者の死者がでてしまったとの事です。

公開されている市内の感染者数は6名。 さほど多くはありませんが、亡くなる方もおられるのです。

話しを伝え聞くに、どうやら亡くなった方は、陽性が判明して自宅療養だったとの事。

入院できなかったんですね。それで体調悪化に伴ってお亡くなりになった。

どうも埼玉県は準備不足、体制が整っていないようです。県知事が変わったばかりですし、

知事のリーダーシップの問題もあるのでしょうか。協力体制が築けない模様。

ですから、そもそも検査も積極的に行ってくれないし、仮に検査できて陽性だったとしても、入院できる病

院が少ない。重傷者に気を配るあまり、軽傷と判断されれば自宅隔離となるそうです。

隔離施設の用意も遅れているようですね。そんな中、滑川町にあるホテルヘリテイジさんが、

コロナ陽性者の受け入れを表明されたとか。有難いし、素晴しいと思いました。

ホテルなどの施設を提供してくだされば、そこに看護師さんなどが常駐して、体調変化を早めに把握できた

り、迅速な対応も可能となるんじゃないか!?と素人考えでは思ってしまいます。

ホテルさんからすれば、ウイルス陽性者へ施設を提供するのですから、印象が悪くなる!と考えてしまいそ

うですが、そんな心配を抱えつつも、皆の為に手をあげてくださったのですから、その姿勢に感謝です。

むしろ、困った時に支えて下さるような経営者がおられるところを、今後は応援していきたいと

私は考えます。有難うございました。

西照寺も、いよいよそんな部分まで考えていかねばならないようにも思わされています。

今後、感染者が増えたり、亡くなられる方が増えていって欲しくありません。

しかし、最悪の想定だってしておかないと、全てが後手後手になっていく。

だったら、考えたくないケースも想定して、マネジメントをしておく必要もありますね。

う~ん。試練だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です