日記

かかりつけ

こんにちは 住職です。

今日は、かかりつけクリニックに行ってきました。

先日、慢性〇〇喘息と診断され、お薬を4日分処方されました。

「薬を飲んで4日後、一度背中の音(気管)を聞きたいので、もう一度来てください。」

と、投薬で様子見し、改善の有無で今後を判断する!とのことだったのだと思います。

そこで、私も先生のご指示通りに薬を飲んで、今日の診察を受けました。

今日は、10時頃にクリニックに行ったのですが、4人ほど診察患者さんがおられました。

皆さん、私よりも年上のご高齢者ばかりでした。熱はない方々ばかり。

おそらく、薬をもらいにきた方々でしょう。だから、診察も早く順番が回ってきました。

診察時、背中の音を補聴器で聞いた先生は、「あー、ずいぶん正常になってきたね」と言ってくれました。

「やった!!!」 その後、先生から予想もしていなかった一言が。

「あなたの場合、咳喘息も含めて、再発時季が花粉の季節と関係がありそうにも思える。もし次、再発をし

たなら、アレルギー検査をしましょう。取りあえず今回は、あと3日分薬を出しますので、飲み切りで終わ

りです!」と。 思わず「え!?」と。

私はこれまで花粉症の自覚はありませんでした。というのも、花粉症って鼻水とくしゃみ、目のかゆみが

症状だと思っていたから。

花粉を吸いこんで、気管が狭くなる症状もあるみたいです。それも花粉症みたいです。

もっとも私はまだそうだと決まった訳ではないのですが。

さすが、かかりつけだなぁ!と私は思いました。先生は私のこれまでの診察過程をカルテに記録してい

てくれるので、そんな可能性までわかっているのです。もし、単発で診てもらったとしたら、この可能性は

気付けないでしょう。かかりつけって超大事。私の事、知ってくれているのです。

「おーΣ(・□・;) かかりつけ重要」 

私は素人だから、そんな疑いをもっていませんでした。花粉症ではない!と思っていた位だから。

改めて、皆さんもかかりつけあった方がいいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です