日記

仲間作り

こんにちは 住職です。

東京都でも緊急事態宣言が発出され、GWが過ぎても感染者が全国的に増加している現況

ですが、徐々に西照寺にもその影響が見えてきています。

ご法事をしたいけど、コロナの感染拡大が気になって、もう少し様子見して大丈夫そうになって

からご連絡を入れても、大丈夫でしょうか?(ご法事していただけますか?との意味)、とのお電話が増え

てきました。

「もちろん大丈夫ですから、もう少し感染状況を見守ってからご連絡ください。」とお伝えしています。

埼玉県でも、日に日に感染者が多く確認されています。私も含め、感染しないように外出は控えることを意

識せざるを得ないですね。

私も再び在宅時間が長くなっていますが、程よく色々とやる事があるのです。

たまたまですが、結果的にコロナによって生まれた時間を有効に活用できている気がしています。

昨年末くらいに、ようやく私が人生をかけて行うべきミッションが明確化し、それをようやく実践し始めま

した。実践に移すと結構色々なことが見えてきて、先は長い!と感じるようになりました。

同時に、楽しい!と思えています。

これまで、JCであったり、築地での教務所の役割だったり、主体的に関わってきたつもりですが、私の人生

のミッションとまでは言えなかった取り組みだったので、学べることが全く違うのです。

人生をかけて勉強をしたことはありましたが、ある意味今はあの頃と同じような想いを持てています。

ただし、学生時代に人生をかけて勉強した「教学の勉強」とは違って、今は人生をかけて社会で取り組むべ

き西照寺のミッション!となっているので、教科書や参考書があるわけでもないし、そもそも机上では

意味がないので、取り組み内容が全く異なります。つまり、実践なのです。

私的には、今の所、この実践はかなり面白いように感じています。答えはないし、全く成果もあがりません

。先は長いし、歩みはさほど早くもない。さらに未来を予想すれば、苦労の連続だと思うのですが、

それでも何故か楽しいのです。少し速度が遅いので、悶々とする部分はなきにしもあらず!ですが、

かと言って、早く進められるか?と言えば、なかなかそうもいかない訳で、仕方がない部分ですね。

しかし、歩みを進める方向が確かな分だけ、ブレもないし、着実に進展はできると思っています。

結果的に、現在はやる事だらけ!という事に気づけてきたのです。

これまでは、色々とやることはいいんだけど、何をやればいいのか!?と曖昧模糊とした感じだったのです

が、それが晴れた結果、次々とあれもやらなきゃ!これもやる必要あるね!となってきています。

こうなると、自分一人だけではどうにもなりません。仲間が必要。

意識を共有できる仲間が本当に大事になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です