日記

他力と自力 

こんにちは 住職です。

突然なのですが、私は人間としての命を終える時、阿弥陀仏のおはたらきによってお浄土にまいります。

私の努力で行くのではありません。阿弥陀様のお力でしか往けないのです。

それをもって、浄土真宗では他力(阿弥陀仏のはたらきに全託する)本願と言うのです。

俗に言われている他力本願は、自分の力ではどうしようもなくなって、他の結果次第に委ねる状況に使われ

ます。しかし、浄土真宗の教えからすれば、他人の力に委ねることを他力本願などとは言わないのです。

阿弥陀仏の力に、私が人としての命を終える瞬間にお浄土に往けるよう委ねることを他力本願と言うのです

ですから正確に言えば、人の命が終わる瞬間、仏様の世界に往くことを表現したい時に、「他力本願」は使

用します。でも、近年は例えばプロ野球の優勝の行方の際に、他力本願を使っているアナウンサーの人が多

いですね。TVの影響で、一般の人までもそのような意味で認識してしまってます。

昔は、TVでアナウンサーが、他人に委ねる意味で「他力本願」を言ったりすると、浄土真宗本願寺派から

TV局にクレームを言っていたそうです。しかし、最近はそのような話しも聞きません。

きっと、直らないし諦めた?のかもしれません。あるいは、世間ですでにそのような意味で認知されてしま

ってる!と言われたのかもしれませんね。単語の意味って、本来の意味から派生して違う意味で世間で認知

されてしまえば、国語辞典にも、そのように載ってしまうそうですしね。

さてさて、私が言いたいのは、浄土真宗で他力はとても大事なのですが、これは私が仏様の世界に往かせて

いただく力を意味します。つまり私の力を頼ったって、仏様の世界には往けないのです。

ですから浄土真宗では、自力(自分の力を頼る事)を否定するのです。

しかし、自力の否定といっても、これは仏様の世界に往くことを前提に、自力を否定するわけでして、

今、人間の世界を生きている状況での様々な自分の努力まで否定するわけではありません。

例えば、努力して勉強をして目標の学校を目指す。努力して仕事を成功させる。努力してダイエットする。

いずれも自力(自分の力を頼る)ですが、これらは当然ながら否定しません。

むしろ、人間として生きている時には、努力は大事なのです。

人間の世界に生きていて、人間の営みをしていく以上、そこには努力しないといけないわけです。

私も毎朝運動をして、最近は食事制限までしています。

これはダイエットが目的なのですが、自分の努力(運動や食事に気を遣う)でダイエットを成功させるしか

ありません。ここに関して「他力!」などと言ったら大いなる勘違いです。それは違う。

人間世界での事は、そこには自分の力を頼ることも必要なのです。

私達は、おおよそこれまでの人生で、自分の力を頼りに生きてきているわけで、それ以外の力を頼ることを

知りません。特に、死んだことないわけですし、死ぬことを考える機会も少ないですから、いざ死ぬ!とな

ると、どうしてよいのか!?と動揺するし、動揺するからこそ、これまで通り自分の力に頼りたくなるので

す。それしかしらなかったわけですから。しかし、死を前にして自分の力に頼っても、全然無意味。

かといって、阿弥陀仏の他力に委ねなさい!と言われても、正体がわからないものに本当に頼れるわけもあ

りません。要は阿弥陀仏の他力に対し、私の疑いの心がでてきてしまうわけです。

この状態こそが、自力を捨てきれていない、自力に頼っている状態なわけです。

こうなると苦しい。

私は人間としての生を終える時、これは阿弥陀仏の他力に委ねるしか方法がない。

むしろ、阿弥陀仏の他力によって、お浄土に往けるのですから、有難いとしか言いようがないわけ

なのです。私は心底そう思っています。ようやく苦しみの世界を抜け出せるんだ!と思うのです。

もちろん、同時に人間の世界と別れたくない気持ちは当然あります。

でも、死んでどうなってしまうんだろう!?という問題は、全く皆無。だって、仏様の世界に往けるんだも

ん。また、仏様の世界は苦しみを超越した世界であることも心底頷けているのです。ですから、そこには

何の問題もありません。

しかし、今はまだ人間としての命を生きています。当然いつ死ぬか?などはわかりませんが、

死ぬ時には、阿弥陀仏の他力に委ねているので、いつ死がくるかわかりませんが、準備はできています。

一方で、まだ人間の世界に生きている事実もあります。

人間の世界っていうのは大変で、今の私の現況を考えれば、自分が生きていかねばならないし、家族を養わ

ねばならないし、お寺を経営していかねばならないし、ダイエットしなければならないし、健康に気をつか

わなければならないし、他の人にとって私が良いサイクルとして貢献したいし。。。

人間として、沢山やらなきゃいけないことがあるわけです。つまり、それだけ努力しなければならないこと

があるわけなのです。これは大変です。誰も私の代わりをしてくれない。全て自分でやならければならない

わけです。私は今、人間の世界で生きていくことも大変だよな。とつくづく思います。

努力は大変です。自分の力に頼るしかないし、頼れる自分である為に、自分を裏切らないように行動してる

けど、毎日続けることって、本当に大変で辛いです。成果もなかなかでないしね。

何とかやってるけど、もっと楽しみながら努力できればいいだろうなぁと最近つくづく思うようになってき

ました。せっかく大変な努力するわけなんだから、だったらちょっとでも楽しめる方法を探すことが

重要なのかもしれない!と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です