日記

健康あっての仕事です。無理はしない

おはようございます。住職です。

「2022 秋 西照寺文化財鑑賞会」が無事に終わり、精神的にホッとしていながらも、まだ仕事は続きます

9日に、私の予定が空いているので、その日だけお休みになるはずなのです。何もなければ。

しかし、10日からまた連日予定が入っており、その後も休めないようす。

正直に言えば、9日だけでなく、数日間お休みが欲しいです。

今回は珍しく、本当に数日間休みたいと思うほど疲弊しているのです。自分でも珍しい感じ。

特にこれまで以上に何かあったというわけでもないのですが、疲れているのでしょうね。

たぶん、メンタルだと思います。メンタルが疲弊ぎみなのかな。

普段は、身体的に疲れていても、メンタルが元気なので、乗り越えられてきましたし、

休みが欲しいと思っても、メンタルでカバーしてこられたのです。それが今回は、身心疲弊っぽい。

でも、特に何かあったわけでもないのですよ。

敢えて言うなら、知っている人が亡くなっていく。

例えば、芸能人でもアントニオ猪木さんや仲本工事さん、私は知り合いではありませんが、知っている人。

それに、西照寺のご門徒さんの中でも、あの人が!と思う方が続けてお亡くなりになったり。

私は46歳ですが、西照寺に戻ってきたのが、30歳。

ですから、16年が経つのですが、ご門徒さんと関係も深まります。だからこそ、知っているご門徒さんが

亡くなって、ご葬儀を勤める機会も増えてきます。そうなると、知っているご門徒さんが続いて亡くなって

いくわけです。人が亡くなるのは、当然ながらわかっちゃいるけど、やっぱり知っている人が亡くなってい

くと、人間ですから、精神的にショックを受けているのでしょうね。職業柄?というのか、葬儀を勤める

役割が多いですから、そうでない人よりも、人の死に立ち会うことには慣れているはずなんだけど、

やっぱり知っている人と、あまり知らない人の場合とでは、違うのです。感情が。

ちょっと、ここ最近、知っている人(TVも含めて)が続いて亡くなった事も関係しているのだと思いますし

、文化財鑑賞会も精神力を使うイベントでもあって、それらで疲弊した可能性が高いのだろうと

自分では思っています。このような時は、数日休みたくなるのですね。

精神的に疲弊したときは、やっぱり休息をとらないと、これは大変なことになるでしょう。

おそらく、精神的にアップアップになって、それを過ぎれば、心の病にも当然なるでしょう。

そこまで追い込まない事が大切です。日本人は頑張りすぎなのでしょうね。

私は、健康があっての役割だと思っていますので、このまま自分が苦しくなったら、すぐに休んでしまおう

!と思っています。もう、その時は強制的にお休みします。これは大事な事だと思います。

自分の健康を犠牲にしてまで、役割を全うする!との姿勢は、ある部分では大切ですが、ケースバイケース

です。やっぱり、健康があっての役割だから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です