日記

ノーベル賞 梶田教授 出身地 東松山市

おはようございます。副住です。
東京大学の梶田隆章教授がノーベル賞を受賞されるとのことです。
その梶田教授の出身地が、西照寺と同じ市 東松山市というのですから、凄い。
東松山市立南中学校ご卒業だそうです。因みに西照寺副住職の私は東松山市立北中学校卒業です。
高校は、県立の川越高校。(もちろん、東松山市から通える学区エリアの中では県立の最高レベルの高校)
(男性アナウンサーの辛抱さんも、この高校だそうです) 賢い!
しかし、この地からノーベル賞受賞者がでるなんて・・・Σ(゚д゚lll)
驚きと共に、喜びもこみ上げてきましたね。
不思議ですね。お会いしたこともないのに、出身地が同じだけで、なんだか誇らしくなるし、嬉しくもなる。
ただ、ご自宅が富山県とあったので、東大なんだし東松山の方が近いんだから、東松山市に住んでいてよ!と短絡的に思ってしまいました。
研究の問題など諸事情があるのでしょうね。
ノーベル賞受賞者を排出するなんて、東松山市の教育システムをもう一度見つめ直し、さらなる教育システムの構築を願いたいものですね。
世界で活躍できる人材を育成する地となってほしいものです。
そうすれば、地域活性化に大きくつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です