8月1日の西照寺子ども夏祭り 中止となります。

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

昨日も東京で3000人を超える感染者が。そして埼玉でも800人を超え感染者が。

ともに、過去最高の数値となってしまいました。

県知事も緊急事態宣言を国に要請する考えであることが報じられましたので、西照寺もそれにそって

行動することとします。1日に予定されていた西照寺子ども夏祭りは中止とさせてください。

また、お盆に関しては、これまで同様、基本的に長時間の参拝を避けていただくよう、お願いをしていきま

す。ワクチン接種のご高齢者の方々には、席を少しご用意し、着座は少な目でお願いしようと思います。

もちろん、ワクチン接種されている方は、若干安心できますが、しかし、それでもこの事態ですから、

積極的になれません。ご理解いただければと思います。

それにしても、急な判断の変更となってしまい、誠に申し訳ないことですが、第5派を何とか乗り切って、

皆にワクチンが行き渡り、もちろん、摂取しない方も含めて、コロナを乗り越えられればよいなと

思っています。2年たてば、そろそろコロナから抜け出せてもよさそうに思うのですが。まだ早いのか

な!? コロナが始まった頃は、感染症は3年は駄目だ!などと言われていたことを思い出すと、

どうなんだろう?2年では無理なのかな??? とか思ってしまう自分もいます。

そろそろ我慢のまま!というのにも、疲れてきました。

判断

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

昨日は、コロナ感染者が、いきなり跳ね上がりました。驚きました。

もっとも、4連休明けという事もあり、火曜日でも数値が上がったのでしょう。

今日の感染者数も鑑み、8月1日の子ども夏祭り、盆法要についても判断を再考しようと

思っています。

デルタ株は酷いらしく、さらに感染者数が増加すれば、医療が逼迫してきます。亡くなる人が減っている

からといって、医療従事者の方々の負担を考えれば、我慢の時なのかもしれない!と思い始めました。

西照寺は、埼玉県にありますが、埼玉の中でも田舎なので、そこまで酷い状況ではありません。

しかし、昨日は埼玉県でも過去最高の感染者数が判明しました。この中から、入院される方もでてくるでし

ょうし、病院のベット数が足りなくなり、そうなれば、一般の患者さんにも通常の医療が提供できない

状況にもなっていくと聞きます。それは避けたいです。

万一、西照寺の取り組みを無理に行って、そこまで派生してしまってからでは、悔やまれます。

今の所、大丈夫でしたが、今後はわかりません。朝令暮改で申し訳ないことですが、今日の状況次第で

判断を再考させていただきたいと考えています。

大変だ。コロナは。

状況判断力

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

今朝は雨で涼しい日を迎えました。今(12時半)の時間帯でも過ごしやすい温度となってます。

しかし、湿度が高いので、ジメジメしている不快感は海外の方々も感じていることでしょう。

オリンピックはTVで見れませんが、ネットニュースなどをみると、メダルが取れているのですね。

なんだか、私はあまりオリンピック!という感覚がしなくて、オリンピックの模擬なのかな!?みたいな

テンションで連日おります。東京オリンピックという、日本人にとっては、特別な大会となっているはずな

のに、コロナでそんな雰囲気がぶち壊れてしまいました。

コロナの感染者も、東京都では連日1000人を超えているし、もっと酷くなりそうな気もしますし、

嫌なものですね。

私は、ワクチン接種券が届いたのですが、まだ申し込めておりません。

それにしても、デルタ株というのは、とても悪いようで、毒性が強いみたいですね。

先日、ある人から聞きました。ワクチン打っても、感染はするらしいし、若くても重症化するし、

後遺症の問題もあるようです。感染しないことに越したことはありません。

これらの情報を知って、さらに感染者が激増していくような状況になれば、私も考えを改めていかねば

なりません。本当に難しい状況ですね。逐一入ってくる情報によって、色々と考えてしまいます。

ましては、専門家ではないですし、情報の精査が難しいことと、さらに、今回の事案は、人類誰も正解が

わからない事態でしょうから、どのような判断が正しいのかなど結果論でしか語れないと思われます。

このような時こそ、各人の情報を読み取る力と直観力、あるいは状況認識能力が物を言うのだろうと痛感

してます。

運動強度が正確に判明

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

昨日は忙しなく、更新を忘れておりました。

今日から連休もあけ、平日となりました。私も今日だけは予定が空いているのです。

この時間を利用して、雑務をこなし、勉強でもしようか!と思っています。

さて、今朝も運動をしてきたのですが、今日はスクーターで現地まで行ってきました。

このコースで運動を始めてから、1年ちょっと。普段歩いている距離が、どのくらいなのか?も知らないで

ウォーキングを続けてきました。つまり、私の中では、距離がどのくらいか?などはどうでも良かったわけ

です。それよりも、自分の中で、この程度の運動であれば続けられる! とか、 この速度で1時間歩き

続ける!との実感や目的に合致するかどうかが、重要だったのだと思います。

私のコースはゴルフ場の側道を歩くもので、おそらく片道1キロ程度。これを3往復したら、ちょうど1時

間になる!というもの。ですから、片道10分を6回するわけです。やってみると、結構な早歩きになるの

ですが、運動強度的にもちょうど良い感じでした。

そこで、今日はたまたま事情があって、スクーターで現地まで行ったので、距離を測ってみよう!と思いつ

き、運動を終えてから、スクーターで距離を測ってみたのです。

因みに、ゴルフ場のコースの側道ですから、細いんですね。車一台が通れる程度。さらに、奥の方は行き止

まりになっているので、車で距離を測ろうにも、入れないわけなのです。

スクーターであれば、Uターンできますからね。

それで片道の距離を計測してみました。すると、やはり予想通り、片道1.2K弱。でした。

私はこの距離を、ちょうど1時間で3往復しています。だから、1.2K✖6=7.2Km

凡そ7キロを1時間で歩く運動であることが判明しました。つまり、歩く速度も7キロということです。

これまで、アイフォンで計測したものを見ていたら、距離は8キロから9キロとかでてくるし、

しかし、歩くスピードは6.3キロとか表示されてくるし、どこか正確ではないな!と思っていたのです。

一つの目安程度に考えていましたが、今日、始めて距離を計測できたことで、正確な距離と速度が

判明しました。ある意味良かったです。思っていたよりも、早い速度で歩いていた! そして、思っていた

程の距離を歩いていなかった!と 嬉しいことと残念なことが、同時に判明したのです。

まぁ、私が目標としていたことは、運動強度で、ネットで調べたら、6.4キロのスピードで1時間歩く!

というものなのです。この運動強度だと、350キロカロリー程度を消費できる!と書かれてあったので

そこを目指していたわけです。自分の中では、この運動を行って、300キロカロリーを消費したつもりで

食事に若干の気をつかい、ダイエットをしているつもりになっているのです。今も。

東京オリンピック 開会式

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

4連休の後半ですね。今日は土曜日、西照寺ではご法事が勤まります。

昨日、東京オリンピックの開会式がありました。実は私TVを見ないし、さらに過日雷が酷かった日から

自宅のTVが壊れて、TVを受診しなくなり、観れない状態にあるのです(笑)

妻はTVを見る人なのですが、今回は壊れてしまったので、今の所見れていません。

従って、昨夜の開会式も観ることができなかったわけですが、どうだったのでしょう?

ネットニュースなどを見ると、非常に落ち着いていた内容だったと報じられていました。

折角東京でオリンピックが開催される!となったのに、色んな問題が次から次に起こって、さすがに

私のテンションも下がってしまいました。オリンピック観戦チケットも買ってはいませんでしたが、

あの抽選申し込みの時は、折角だから何かの競技でも観に行ってみようかな!と思った程でした。

開催される時期に、自分が築地に勤めているというタイミングもあって、オリンピックが近くに感じたりも

したものです。しかし、誠に残念ながら、コロナ感染が拡大し、東京都は非常事態宣言が発出され、無観客

となってしまいました。コロナ前には、お祭り気分が、開催直前には一気にトーンダウン。

東京にオリンピックを招致している時、あるいは、東京オリンピックが決まった時、誰がこんなオリンピッ

クになるなんて、予想できたでしょうか? 

テンションが上がったところから、一気に下がる状態は、非常に虚しくなりますね。実は私、このような状

態が一番嫌なのです。だって、楽しみにしていたものが、いきなり奪われるのです。これって、気持ち的に

立ち直れないのです。だから私はあまり事前から楽しみにしないように、敢えてする部分があるのです。

自分でも、何だか嫌な性格だな!と思いながらも、それをすることで、傷つかない人生を選んでしまってい

るのですね。今回のオリンピックはそれを痛感するような事態になってしまいました。

きっと、東京オリンピックで海外の人が沢山くるから!とのことで、ホテルを建てられた企業もあるでしょ

う。レストランの新店舗を出店したお店もあることでしょう。マンションも建てられたでしょう。

すべて、東京オリンピックが盛大に開催される「つもり」で計画された新規事業だったはずです。

楽しみにしていたはずです。スポンサー広告だってそうでしょう。

楽しみにしていたけど、一気に楽しみが奪われてしまったわけです。この場合、気持ちだけでなく、お金

まで関係してくるわけですから、シャレにならん。気持ち的に凹んで、立ち直りづらいだけならまだしも、

お金が関係してくると大変です。下手したら、経済的に立ち直れなくなってしまう人もおられるかも

しれません。これは一大事です。

だから私は、楽しみにしすぎないように自己防衛をするのです。

そんな事もあって、ある意味チケット買ってなくて、楽しみにしなくて、良かった!と安堵感さえ

感じてしまっている自分に、ちょっと嫌気がさしています。う~ん。難しいですね。

本当はワクワクしたいし、楽しみにしていたいじゃないですか。でも、そうならなかった時、一気に私達は

苦しむことになるのです。これって、仏教でいわれていることです。

ある意味、楽しみに待ちたいんだけど、楽しみにしないようにする。これこそが、苦しみを深めない生き方

かもしれません。

健康診断

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

一昨日、私は築地本願寺のお世話で、健康診断を受けさせていただきました。

私が築地(教務所)で働くようになり、40歳を超えてから毎年受けさせてもらってます。

普段は、築地本願寺に検診車が来て、職員一斉に受診するのですが、私の場合は40歳を超えて

いるので、もっと詳しく調べたいと要望したところ、個別で新宿の健診プラザで受診することが

許されました。もちろん、築地の職員で40歳を過ぎており、検診車での診察ができなかった人は

皆、新宿の健診プラザに行くように!との指針があり、私だけが特別!というわけではありません。

今年の健診は、一昨日だったわけです。

受診の日程については、勝手に受診日が決められて資料が送られてくるのです。もし、ダメな場合は日程

変更ができるのです。

私の場合、受診日などの資料が手元に届いたのは、数か月前でした。

資料が届いた時は、何も考えていなかったのですが、その後、日が近づくにつれてコロナ感染者が急増

してきて、東京都に緊急事態宣言が発出されてしまいました。さらに、最悪のタイミングでオリンピックの

交通規制が19日から始まってしまいました。

2019年までは、受付時間に合わせて電車で健診プラザに行ってましたが、昨年はコロナもあったので、車で

行きました。今年は・・・

オリンピックの交通規制がどうなるのか読めず、車で行って受付時間を大幅に過ぎてしまったら大変だ!と

考え、コロナ禍以降、全く乗っていない電車で行くか!?と考えました。

しかし、家族から猛反対。都心に行くのだから、危ない! 健診は延期しなさい!と言われました。

しかし、直前すぎるので延期はNG。 そこで、健診受けるため、バカバカしいのですが、車で行ってホテ

ルに前泊することにしたのです。コロナ対策として、車で行く! オリンピックに伴う渋滞対策として、ホ

テルに前泊!と 二つの対策をすることとなりました。

お金が勿体ないので、ホテルは安い所を探そうとネットで調べてたら、驚きました。

全て安い! 緊急事態宣言で宿泊する人がいないのでしょうね。

通常であれば、ほぼオリンピック期間だから、満室で宿泊する場所を探すことも難しい状況だったはず。

だからこそ、この時期のホテルは割高だって良いはずなのです。

オリンピックを当て込んで建てられたホテルだって沢山あるはずです。

それなのに、全くの想定外。宿泊する人がいないのでしょう。ホテルが激安でした。

私が宿泊したホテルは、東新宿のリブマックスというホテル。一泊4千円以下でした。

さらに、コインパーキングを探して24時間2200円とのパーキングを見つけたので、そこに停めました

。面白いですね。人が泊るのと、駐車場代があまり変わらないなんて。。。

他のコインパーキングは、12時間最大1600?円とかあったので、そこに停めたら3000円近くかか

っていたはずだし。

健診の最後に、バリウムを飲むのですが、昨年からバリウム飲むのが辛くて。

バリウム飲んで、胃の撮影するのですが、何がキツイって、バリウム飲んでしばらくすると、頭が痛くなる

のです。それは去年から感じたことです。

バリウム飲んで、検査を終え、下剤と水を沢山飲むように言われます。バリウムを輩出する為です。

私の場合、この下剤が効きすぎて、帰宅してから翌朝まで6回ほどトイレに駆け込むことになりました。

それでも、まだバリウムは残っているのですね。

バリウムが体内に残っていると、どうも頭痛が続き、体調が悪いのです。去年も同じでした。

今年は一昨日一日調子が悪く、昨日も若干、本調子ではなかったです。

そして、ようやく本日、いつも通りの体調に快復しました。

バリウム効果って、恐ろしいですね。来年はバリウム飲まなくていいやつにできないかな!?と

思ってます。そんな事もあり、昨日一昨日と運動できず仕舞いでした。今朝はやりました!

西照寺 活動再開に向けて(実験)

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今日は西照寺こども祭りの超縮小版、こども夏祭りを開催します。

妻が、幼稚園から小学3年生程度以下を対象に、本当にちょっとした催しを企画し

開催することとなりました。

コロナ禍なので、密を避けるため、一日で人数も10名程度を目指してます。

宣伝もあまりしておりません。ですから、10名も集まるのかもわかりませんが。

コロナも心配ですし、私達も感染したくはありませんし、気を付けています。

ただ、コロナ禍となって2回目の夏。

小さな子ども達は、折角の夏休なのに、何にもできない!状況は可哀想だ!と妻が言い出し、

開催の方向に傾きました。

もちろん、感染対策として、密を作らない(少人数)。換気。手消毒。発熱チェック。マスク。

なるべく大きな声は出さない。を心掛けます。また、もしもの時用に、連絡先など把握します。

さらに、熱中症対策もあるので、冷房を入れて飲み物も用意。

まずは、この程度から始めてみようとなりました。

これに伴って、西照寺の盆法要も今年から着座できるように計画しています。

もちろん、参列者には上記対策を心掛けてもらいます。また、着座される参列者には、ワクチン接種の確認

はさせてもらいます。おおよそ、法要に参列される方々の多くが高齢者の為、ワクチン接種を終えている方

が多いと予想し、今年の盆法要は着座もできるように整えています。

もちろん、私がまだワクチン接種していない為、読経中もマスクは着用し、残念ながら法話は中止です。

暑い中ではありますが、換気は徹底するつもりです。もちろん扇風機まわして。暑いでしょうが。。。

西照寺も、徐々に活動をしていこう!と準備段階に入りました。もちろん、実験的に始めるのです。

現在、東京都の感染者は激増中。感染者のほとんどが、50代以下となっています。中心は若者世代。

さらに、重傷者も今後増えてくるのでしょうが、以前の状況とは異なってきています。

以前は、高齢者が重症化し、亡くなる事態に繋がりやすかったですが、ワクチン接種が進んだことで、

高齢者へのリスクがかなり軽減しています。

そこで、西照寺の盆法要を着座(もちろん、座席の間隔はあけます)にて参列できるよう考え始めたので

す。理由は、盆法要に参列される方の多くは、高齢者の世代の方が多いからです。

これは、これまでのお寺の法要参列者の顔ぶれ、つまり私の経験から断定できるものです。

中には、50代以下の方も当然おられますが、ワクチン接種を終えている方は優先的にご着座いただき、

まだ終えてない方は、リスクがあるので、その事をお伝えし、諸対策を講じた上で自己判断していただこう

と思っています。当然席には限りがありますし、席が埋まってしまっている場合は、ご理解を賜り、

適宜判断していただこうと思っています。

また、こども夏祭りに関しては、幼少期のお子様を対象にしていること(最近、この世代の感染も増えてき

ましたので、注意はしています)、だからこそ少人数に限定していること。県内、特に西照寺近隣の方が

来て下さるのだろう(東松山市では、蔓延防止などもだされていません)!との推測。

幼少期のお子様など、若い世代の重症化が少ないこと。ここら辺を考慮し次第です。

唯一の心配事は、幼少期のお子様の親御様です。お子様を連れてこられる方は親御様です。

幼少期のお子様の親御様ですから、その多くが恐らく20代~30代と、現在の感染が広まっている中心の世代

だと予想されます。だからこそ、親御様にはマスク着用の声出しは最低限にしていただくようお願いし

、ご理解を賜ろうと思っています。

おそらく、ワクチンが各世代に行き渡り、これまでのコロナ禍自粛!を完全に抜けるのは、来年になると私

は予想しています。現在は、その中間点みたいな感じなのでしょう。

しかし、だからといってワクチン打っても感染者はでてくるし、そのような意味では来年になってからも、

感染対策は必須になるはずです。

わざわざ、西照寺がリスクを冒して活動を小規模からでも始めていこう!と考えるようになった理由は、

この状況で何ができるのか、できないのか。を西照寺スタッフが試行錯誤し、経験し、スキルを高めていく

ことが今後の社会で問われてくるはずだから!と考えたからです。

正直、西照寺の取り組みで感染者がでるかもしれません。リスクゼロではありません。

ある意味、そこは無責任かもしれませんが、最終的にはご縁でしかありません。

しかし、リスクがある中でも、高齢者がワクチン接種する以前のリスクとは状況は違います。

もちろん、感染者を増やして医療に負担をかける状況を助長することは良くありません。

それらをトータル的に勘案し、私なりの判断をしたところ、まずは小規模で実験的に取組みを始めていくこ

とを決断した!という訳なのです。

正直、社会には大きな流れ(声)がでてきます。今は、色々とミスがでてしまえば叩かれてしまいます。

だからといって、大きな流れや社会的な声が落ち着くまで待って居よう!と思ったら、流れに巻き込まれる

だけです。もちろん、それはそれでいいと思いますし、私もそのような時もあります。

しかし同時に、時には流れは作り出していく!という部分も必要だと思うのです。

この「時には!」と言う部分が難しい。誰が、どうやって判断するのか!?という事に関わってき

てしまうから。しかも、何の権限でそんな判断をするのか?と責任が問われてしまうからです。

この「時には!」との判断ができるのは、リーダーだけ。結果的に、良い判断であったならば、

素晴らしいリーダーと言われるだけです。しかし、残念ながら結果的に良くない方向にでてしまった

ならば、間違ったリーダーだと見做されてしまうでしょう。

だからこそ、リーダーは運(浄土真宗的に相応しくない用語かもしれませんが、今は伝わりやすいように)

次第かもしれませんね。

ただし、責任をとりなくないから!といって、何もしないリーダーは、「ポディションだけリーダー」みた

いで寂しいですね。私はそう思います。リーダーたるもの、自分で考え悩み、状況把握をしっかりし、

社会の流れや人々のあり方、歴史など広い視点で全体的に考慮し、現状をどうしていくべきか!?を

責任をもって実行していくべき勇気も必要だと思うのです。

私は、取り敢えず今回の決断が、良し悪し、どちらにでるのか正直わからないのです。

しかし、妻の提案や、皆様の声(着座して法要に参列したい)を伺い、改めて現況を自分なりに考慮した

結果、今回の判断に至りました。これは責任者として大きな決断ですが、社会的な声を気にして

逃げ続ける人生は嫌なので、もうドンとこい!的な覚悟でやってみることにしました。

 

オリンピック 交通規制

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

私は明日、築地本願寺のご配慮で、健康診断に行ってきます。

ただし、場所が新宿なのですね。

受付時間が、9時半。

しかし、一昨日から困ったことに、オリンピックによる交通規制が始まっています。

私は18日、千葉県市川市の中原寺様にご法話に呼ばれたこともあり、外観自動車道を通って

行ってきたのですが、その際は空いていました。しかし、翌日19日からオリンピックの交通規制が

始まった途端、外観自動車道は大渋滞が起こったそうです。ニュースでやってました。

本当によかった!と思いました。法話会に間に合わなかったら大変でしたから。

ということで、明日の朝9時半に新宿というのは、車で行くには不安がでてきました。

かといって、電車に乗るのも、コロナ禍以降電車に乗っていない私としては不安でもあります。

もちろん、コロナに感染して亡くなることは少ないのでしょうし、電車はリスクが低いのかもしれないけれ

ど、8月のお盆があるので、今、コロナに感染するリスクは低減しておきたいとの気持ちがあるのです。

延期すれば!と言われたけれど、ちょっとそれも。

ということで、今日は悩み中なのです。

西照寺 こども夏祭り

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

今日は宣伝です。

昨年はコロナウイルスで中止となった「西照寺こども祭り」。

今年も感染が続いているので、規模を超縮小して、新たな形で再開することとしました。

私の妻が少しでも前に進もう!と、企画をしたものです。

ですので、超少人数で、特に小さなお子様限定となります。

感染対策を意識し、密をさける為、超少人数での開催となりました。宣伝でした。

行動の重要性って・・・

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

こんにちは 住職です。

最近、「言葉と行動」みたいな哲学的に考えてみたいと思って、三島由紀夫の本を購入してみました。

数日前、アマゾンプライムビデオで『三島由紀夫VS東大全共闘』が視聴できる!となっていたので、

ちょっと興味をもって、このドキュメンタリー映画を観たのです。

私は全然三島由紀夫のことを知らなかったのですが、映画をみたらちょっと興味がでてきました。

たぶんですが、私の推測だと、三島由紀夫は作家として言葉を操ります。だから言葉の力を知っている

のですね。しかし、同時に三島由紀夫は行動も大切にしていたようです。映画では、自衛隊に体験入隊を

何度もしており、武道(剣道など)も有段者。肉体を鍛え、盾の会という自衛隊みたいな隊も自身で組織

していたようです。これって、行動派。

どうも、三島由紀夫は言葉の力によって、人々に訴えかける!人々を付き動かす! そんな力が言葉にはあ

ると思っていたのかもしれません。それと同時に、行動も大事にしています。

ここら辺が私はちょっと興味をもっているのです。なぜだろう?と。

言葉だけでもいいはずなのに、行動を重視してくるわけです。なぜ三島由紀夫は行動を重視したのだろう?

と。ここら辺に興味をもって、三島由紀夫の著作を調べてみたら、やっぱりありました!

『行動学入門』 私の勝手な推測なのですが、きっとこの本の中に、三島が行動を大事にした理由が

書かれてあるはずだ!と思って購入してみたのです。

実は、この行動こそが、私が考えていることと合致するのかどうなのか?知りませんが、何かヒントになる

ことが書かれてあればなぁと、ちょっぴりだけ期待しているのです。

読書は今月末くらいから始めます。来週半ば頃までちょっと手が付けられないから。